結婚指輪

結婚指輪はなぜ左手薬指?右手はダメ?つける位置の意味を調査!

皆さんは気になる相手が独身かどうかをどこで見分けますか?

ほとんどの方は相手が結婚しているかどうかを
指輪で判断する方が多いと思います。

左手の薬指に指輪があれば
「この人は結婚している」とわかりますよね。

でもなぜ左手なのか疑問に思いませんか?
右手でも良いような気がしますよね。

今回は結婚指輪を左手の薬指につける理由を調べて見ました。


スポンサーリンク




結婚指輪を左手にする意味は?

プロポーズ
結婚指輪を左手にする意味ですが、
日本では特に宗教的な意味はないとされています。

しかし、一般的には婚約指輪は右手の薬指にはめて、
結婚指輪は左手の薬指にはめる方が多いですよね。

では、なぜ左手の薬指に結婚指輪をつけるのか。
その理由は古代ギリシャに由来があると言われています。

古代ギリシャでは「心臓は人間に感情を司る場所」だとされています。
左手の薬指は心臓につながる血管がある場所と信じられていました。
心臓につながる薬指に指輪をはめることで
相手の心を掴み結婚の誓いを強いものにするという意味があります。
左手の薬指には「絆を深める」という意味が込められています。

それが日本にも伝わり、
結婚指輪を左手の薬指にすることが一般的になったようです

私の個人的な考えですが、相手の心臓を掴むということは
「死が分かつまで一緒にいる]

に繋がってもいるように思います。

右手の薬指が婚約指輪の理由はなぜでしょうか?
右手の薬指のリングは精神的な安定、心の安定を意味します。
恋人がいることで心の安定が生まれるから婚約指輪は右手につけると言われています。

右手に婚約指輪をつけて、左手に結婚指輪をつけることは
全世界共通なのかなと思って調べてみると
どうやらそういうわけでもないようで、

ドイツでは婚約指輪が左手の薬指に、結婚指輪が右手の薬指なんだそうです。

その理由は聖書の中では右手は
「権力」や「正義」が宿るとされているから。
この2つを手に入れることから右手につけるのだそうです。

日本とは逆なんですね。

同じくチェコ、オーストリア、イギリス、スペイン、フランスなど東ヨーロッパの国々も
結婚指輪を右手に薬指につけるようです。

「権力」と「正義」を手中に納めるなんて、
争いの多かったヨーロッパらしい考え方ですよね。

つける位置は気分で変えていい?

結婚指輪
指輪を同じ位置につけているとたまには違う位置につけたくなることもありますよね。
結婚指輪は気分で付け替えても良いのか?という疑問が出てきます。

結婚指輪は古代ギリシャ時代に生まれたものです。
相手の心を掴み絆を強くするものですよね。
そう考えると気分で付け替えるのは良くないと言えますよね。

でも仕事などでつけられない場合はどうするべきか?
革ひものネックレスにして心臓のそばに置いて
あげるのが本来の意味に近いですよね。

気分での付け替えは良くないですが、
仕事などでどうしてもつけられない場合は参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク

指輪をつける指の意味を調査!

指輪
実は、指輪をつける場所で
意味が変わることをご存知ですか?

右手と左手で意味も多少違ってきますので
簡単ですが紹介していきましょう。

親指


サムリングといいます。
右手は、威厳や責任感を得られ、指導力を持つ
左手は、信念や愛を貫き、自分の思いを実現させる
親指は責任や信念など自分の地位や
指導力が欲しいときにつけると良いですね。

人差し指

インデックスリングと呼ばれています。
右手は、集中力や行動力を高め
左手は、積極的に行動できる力を高めて精神的な安定を得る

集中力や行動力が欲しいときは人差し指につけると良いですね。
また、積極性が欲しいときは人差し指が良いようです。

中指

ミドルフィンガーリング、リトルフィンガーリングと言います。
右手は、行動力を高め、邪悪なものから身を守る
左手は、協調性や直観力を高める
中指は魔除けとしての意味もあるようですね。
また、協調性など社会的に必要なものが欲しいときには
戒めのためにつけると良いですね。

薬指

アニバーサリーリングと呼ばれています。
右手は、精神的な安定や恋愛成就を求める
左手は、愛の絆を深めて願いを実現する
薬指は基本的に恋愛に関しての傾向が強いですよね。
精神的な安定は家庭に結びつき麻酔s、愛を深めるということは
人生を共にすることにもつながりますね。

小指

ピンキーリングと呼ばれています。
右手は、困難を乗り越えて、自分の魅力を発揮する
左手は、心願成就や恋のチャンスを掴む
小指は自分の魅力を発揮させてくれるようですね。
自分が不安な時や魅力をアップさせたいときに
つけてみると良いですね。

まとめ

結婚指輪はなぜ左手なのかについて紹介してきましたが、いかがでしたか?
古代ヨーロッパから左手の薬指につけられていたとは知りませんでした。
また、婚約指輪は右手につけるものなんですね。

左手につけていらっしゃる方もいらしたのではないでしょうか?
この記事を参考に指輪をつける位置を見直してみてくださいね。

勘違いされて恋人ができないと寂しいですから、
独身の方は、薬指だけは空けておきましょうね。

結婚指輪
最新情報をチェックしよう!