電話が壊れる夢を見たけど、
これってどういう意味があるの?

夢で電話になにか起きたとき、
あなたに何を暗示しているのでしょうか?

電話の夢占いについて、
シチュエーション別にみていきましょう!


スポンサーリンク





※目次にない内容は
電話の夢占いまとめでご覧ください。

電話が壊れる

電話が壊れる夢は、
人間関係に問題が生じる暗示です。

この場合、仲の良い友人らではなく、
表面上の付き合いや仕事関係の人達と
トラブルが起きる可能性があります。

問題が起きてからでは遅いので、
自分の言動・行動に細心の注意をしましょう。

また、人に壊される夢であれば、
リーダー的存在から無視される暗示です。

人の電話が壊れる夢であれば、
その人との関係を終わらせたいという表れです。

電話が壊れる夢ではこのように、
人間関係に注意しておくと良いでしょう。

電話の音がうるさい

電話の音がけたたましく鳴るという夢は、
何か大切な情報が入ってくる暗示です。

ただし、この大切な情報が
良いものか悪いものかはわかりません。

なので期待はせず、
何があなたにとって大切な情報かを
見極めていきましょう。

電話を切る・途切れる・切られる

電話を切る夢

あなたから電話を一方的に切る夢だと、
特定の誰かとの関係が悪化している暗示です。

あなたから一方的にコミュニケーションを
断っている可能性があります。

コミュニケーションを自分から
断ち切らないように気を付けましょう。

電話が途切れる夢

電話が途切れてしまう夢は、
切れた相手との関係が悪化する暗示です。

また、その相手に健康上の問題が
起こる可能性もあります。

関係悪化に注意してみるのと、
その相手を大事にしてあげてくださいね。

電話が切られる夢

相手から一方的に切られる夢だと、
人間関係にトラブルが起きる暗示です。

その相手に実際に縁を切られる不安から
このような夢を見ることもあります。

だからといって、
相手を疑ったりするような行動は控えましょうね。

脅迫電話がかかってくる

脅迫電話の夢は、
あなたが積極的・行動的になる暗示です。

周りの人とのコミュニケーションが増えたり、
行動次第で次第で何らかのチャンスも
得ることができそうです。

何かにチャレンジするには
最高のコンディションかもしれません。

ただし。

やる気を出しすぎて
せっかくのチャンスが空回りしたり、
誰かと衝突する可能性があるので、
やる気は適度に、周りを見つつ行動しましょう。


スポンサーリンク

電話でクレーム(苦情)を入れる・受ける

電話でクレームをする・される夢は、
自分に対して苛立ち、焦りがある表れです。

思うように物事が進まないなどの
心当たりはありませんか?

もしくは上手くストレスを
発散できずにいませんか?

焦りは禁物ですし、
ストレスも多すぎると良くありません。
リラックスしてやっていきましょう!

携帯電話を探す

携帯電話を探す夢は、
現在の人間関係で
何か悪いことが起こる暗示です。

周りを注意してみてみましょう。

ただし、探したあと見つかる夢であれば、
運気が復活する可能性があります。

この場合、運気上昇の鍵は携帯ストラップです。
大変ですが、起きてから
良く思い出してみてくださいね。

携帯電話を拾う

携帯電話を拾う夢は、
評判や噂といった悪いものを手にいれる暗示です。

もしかすると近々、あなたにとって
良くないことが起こるかもしれませんが
前向きに過ごして、
少しでも状況を変えていきましょう。

電話が怖い

電話が怖い・不安に思う夢は、
あなたが誰かから攻撃の的にされる暗示です。

些細なことから大きなトラブルに
なってしまう可能性もありますので、
言動・行動は慎重に選びましょうね。

電話で助けてと叫ぶ

電話で助けてと叫んだり、
緊急電話に助けを求める夢は、
あなたが精神的に追い詰められている表れです。

この場合、助けてほしいと思っていても、
人に頼りたくないという心理が働いている
可能性があります。

あなたが素直に助けを求めれば
相手も必ず助けてくれるはずです。
なるべく早い段階で解決しましょう。

知らない番号から電話がくる

知らない番号や知らない人から
電話がかかってきた夢は、
あなたに新たな一面が見つかる暗示です。

この一面を伸ばしていき、
実力を発揮していくと
一気に幸運が舞い込んできそうです。

新たな一面を見つけたら、
どんどん能力を伸ばしていきましょう!

まとめ

いかがでしたか?

電話が壊れたり、電話を切ってしまったり、
電話を探したりと、
電話が中心の夢は人間関係や不安の表れなんです。

ですが、夢は夢なので参考程度に留め、
もしも心当たりがあったりした場合には
早期解決にベストをつくしてみましょう!