サマソニに必要なグッズや服装

サマーソニック(サマソニ)の服装は?お勧めファッションや持ち物まとめ

夏と言えば、
サマーソニック!

行ったことがない人も
テレビなどで言葉くらいは聞いたことがあるのでは?

8月の上旬から中旬ごろの土日、
主に大阪と千葉の2箇所で開催される音楽フェスです。

気軽に日帰りで!
都市型夏フェス!
というコンセプトで、

洋楽から邦楽まで
ファンに合わせて出演者も年々変わっているようですよ。

そんなサマーソニック(以下サマソニ)には
どんな服装で、何を持参すればよいのでしょうか?

初めての人が気になることを調べてみました。

それでは早速みていきましょう。


スポンサーリンク




サマソニのお勧めファッションは?

サマソニはとにかく人が多い!

多少のオシャレはOKですが、
それよりもまずは、動きやすい服装がおすすめです。

真夏、屋外となれば、汗だく間違いなしですよね。

男女ともに、上はTシャツが定番です。

女性は、他にもキャミソールや、チューブトップといったものも人気です。

前のほうに行くと、
水に濡れることもありますし、
汗だくになることもあるので、

透ける白地などは避けたほうが
いいのではないでしょうか。

着替えも必須ですね。

下も、短パンなど動きやすいほうがいいです。

ロングパンツや、ロングスカートなどは、
引きずるような丈は避けたほうがいいですね。

アンダーウェアは、水着がおすすめだと思います。

濡れたとしても乾くのが早いですし、楽です。

靴はスニーカーの人が多いです。

避けたいのは、サンダルやヒールです。

ヒールは加害者になってしまう可能性がありますよ。

アクセサリーも同様ですね。

室内のコンサートとは全く違うので、
真夏の屋外で人がいっぱいです。

となれば、動きやすく
人を傷つけない服装で行くのが一番です♪

持ち物は何が必要?

参加する人の持ち物、気になりますよね。

参加したことない人は、
必要なものがピンときません。

まずは、必需品

当たり前ですが、
チケット
忘れたら参加できません。

遠くで音楽だけ聞くなんて、つらすぎます(笑)

そして、お財布
現金、保険証、免許証、Suicaなど
最低限のものを入れ、なくさないようにしましょう。

スマホ(携帯)は充電をしっかりして、
マナーモードにしておきましょう。

防水ではないスマホは、
ジップロックなどに入れて故障しないよう注意です!

そして、屋外ということで、
タオル、水、帽子、日焼け止め。

タオルは予備も用意してくださいね。

水はもちろん会場にも売っていますが、
すぐ飲めるようにしておくこと!

水だけでなく、塩飴などの
熱中症対策もしたほうがいいと思います。

せっかくのイベントで
救急車に乗るのは避けたいですよね。

あると便利なグッズは、
雨具、絆創膏、レジャーシート
ウェットティッシュ、ビニール袋など、
お花見やBBQと同じような感じですね。

荷物が多くなるのもつらいので、
友達と分担するのもいいかもしれないです。


スポンサーリンク

その他注意事項は?

サマソニは、年齢制限がありません。

小さな子供も参加可能です。

但し、エリアによっては、
入場制限がある場所もあるようです。

小学生以上からチケットが必要になります。

チケットはリストバンドに交換され、
ずっとつけていなければいけません。

あると便利グッズで雨具と書きましたが、
傘は禁止です。

傘は危ないですし、邪魔ですよね。

レインコートなどがいいですね。

また、スマホやカメラの持込は可能ですが、
アーティストの撮影は禁止です!

最近流行っている自撮り棒も
危険ですので不可ですよ。

楽しむために最低限のルールは、守りましょう♪

まとめ

サマソニについて、
初心者が特に知りたいことを調べてみましたが、
いかがでしたか?

毎年参加してる方は、
知ってることが多かったかと思いますが、

今年初めて参加してみようかなという人にとっては、
参考になったら幸いです。

真夏で暑さが気になりますが、
盛り上がりがすごいようで、本当に楽しめますよ!

様々なアーティストが出演しますし、疲れたら、休むこともできます。

会場が広いので、後ろのほうならば、ゆっくりできますよ。

ちょっとしたキャンプのつもりで楽しめるといいですね。

体調管理に気をつけてぜひ、参加してみてください。

サマソニに必要なグッズや服装
最新情報をチェックしよう!