フジロックフェスティバルにいったことがありますか?
野外フェスと言うとどうしても敷居が高いイメージがあります。

しかし、一度いってみると毎年行きたくなるのがフジロックの魅力です。
敷居が高く感じますが、アウトドアが好きで、自然が大好きであれば
絶対に楽しめますよ。

フジロックの面白い所はライブを見るだけではなくいろんなイベントがあることです。
そのおかげかリピーターが多いという珍しいフェスでもあります。
なぜリピーターが多いのか?今年の魅力は?などを紹介していきます。


スポンサーリンク




フジロックとは?会場や開催期間は?

野外ライブ 夕方
フジロックの正式名称は、「フジロックフェスティバル

2017年の開場は、苗場スキー場
(住所 〒949−6292 新潟県魚沼郡湯沢町三国202)
開催日は7月28日(金)、29日(土)、30日(日)
になっています。

今年も苗場で楽しめるんですよ。
広大な敷地の中にはライブだけでなくファミリーで楽しめるアトラクションや
森林の中を散歩できるボードウォークや、
映画も鑑賞できたり、食事も楽しめるなど
楽しいイベントが盛りだくさんです。
毎年ライブだけではなく、キャンプや自然を楽しむために参加する人も多いようです。

私のおすすめは家族で参加できる森林の散歩です。
ガイドがついて説明を受けながら進めるので、楽しいですよ。

また、自然の中での映画鑑賞も良いですよね。大自然に包まれながら見る映画は
心が洗われるような気分になるのでしょうね。

2017年の出演者は?

野外ライブ 夜
おすすめは洋楽は
「Golillaz」「ビョーク」「RonSexsimth」「The Stryps」
やグラミーで話題になった「Rag’N’Bone Man」や「Lorde」がおすすめです。

邦楽は、加山雄三さんやトータス松本さんなど豪華メンバーのそろった
「Route17Rock’rollOrchestra」
加山雄三さんが参加なさるということで話題になっているバンドです。

皆さんご存知の「Yuki」、俳優の阿部サダヲさんがボーカルの「グループ魂」
映画「君の名は」で音楽を手がけて最近勢いのある「Radwimps
NHKでレギュラーを持っている「DJみそしるとMCごはん」も参加しますよ。

私が楽しみにしているのは、昨年凄い衣装で歌った「ビョーク
彼女のパフォーマンスはオーディエンスを楽しませてくれる驚きが満載のステージです。

パフォーマンスに定評のある「TheXX」は
大自然の中でさわやかな風を楽しみながら聞くロックも楽しいですよね。

ハワイの風をステージに届けてくれる「ジェイク・シマブクロ」など
爽やかな香りと風を毎年とどけてくれるジェイクさんは必聴ですよ。

楽しみなバンドやミュージシャンが沢山います。


スポンサーリンク

チケットの購入方法は?混雑はどれくらい?

野外ライブ ショップ
チケットは各プレイガイド、コンビニ系チケット販売もしています。
6月〜販売されていますので、購入はお早めをお勧めします。

また公式サイトでも案内されている通り
「バス」+「宿泊」プラン
「新幹線」+「バス」+「宿泊」プラン
「飛行機」+「バス」+「宿泊」プラン
などが販売されています。
宿泊プランも「ホテル」と「キャンプ」が選べるようになっています。

車で行くことも出来ます。
2名以上で駐車券とライブチケットがセットになったチケットを購入して
チケットに記載された指定の駐車場に停車する方式です。
ライブチケットと駐車チケットが両方ないと楽しめないのでご注意下さいね。

混雑は毎年凄いです。
人気のあるステージはかなり混みますので、バックなど貴重品の扱いは気をつけましょう。
また、最前列は結構込みますので、後ろでゆったりと音楽を楽しむのもいいですよね。

フジロックと言えば雨!
毎年必ず振ります。傘は迷惑になるので雨合羽などの雨具は用意しておきましょう。

まとめ

フジロックを体験したことの無い方も毎年参加している方も
楽しめるのがフジロックの良い所です。
また、自然を楽しみながら音楽や余暇を楽しめるのでおすすめです。

ライブに行った方が毎回仰るのは、「必ず雨が降る
そうです。雨具は会場でも購入できますが、自分で準備した方が良いそうです。

せっかくの自然の中ですからルールの範囲で思いっきり楽しんでみてはいかがでしょう。