学園祭が人気の東京の大学はココ!模擬店の評判は?企画の魅力はなに?

三田祭
出典:https://funabashi.mypl.net/mp/gakuensai/?sid=13428

来場者数が「20万人」とか「16万人」といえばすごい人数ですよね。
海外大物アーチストの日本公演でしょうか?
いいえ、違います。

なんと東京都内の大学学園祭がたたき出した数字なのです。
せいぜい2~4日の期間にコレだけの人が集まるわけです。
本当にサプライズですよネ。

どのような理由がこうしたビッグな結果を生むのでしょうか?
今年の秋に開催される都内大学の学園祭の魅力を中心に紹介していきます。
それでは一足早い学園祭ツアーをスタートしましょう!


スポンサーリンク




秋の学園祭で人気の都内の大学はココだ!

三田祭
出典:https://funabashi.mypl.net/mp/gakuensai/?sid=13428
学園祭の人気度のバロメーターはいろいろあるのでしょうが、
ここでは来場者数の多さを採用します。
行く人が多いということはよい評判を獲得していることの証明です。

以下は各学園祭ホームページなどで公開されている昨年の来場者数です。
・第一位 慶応義塾大学「三田祭」  :20万人 4日間
・第二位 早稲田大学 「早稲田祭」 :16万人 2日間
・第三位 青山学院大学「青山祭」  :15万人 3日間
・第四位 東京大学  「駒場祭」  :13万人 3日間

あらためてみると本当にすごい数字です。
トータル来場者数では慶應義塾大学の「三田祭」がトップですが、
開催日1日あたり平均でみると早稲田大学の「早稲田祭」の8万人が
その他の5万人レベルから頭一つ抜きん出ているようです。

模擬店グルメで評判の学園祭はどこ?

いうまでもなく入場者数の多い学園祭にも美味しい模擬店や屋台は
あるでしょう。

しかしながら、ここで特筆すべきは東京農業大学世田谷キャンパスで
開催される「世田谷収穫祭」です。

入場者数についても世田谷キャンパスで3日間約9万人ということで
決して少なくありません(オホーツク・厚木キャンパスと合算すると12万人)。

農業大学という特性から食べ物の美味しさは折り紙つきです。
とくに人気なのはミツバチ研究会が作る「農大はちみつ」です。

ハチミツ
出典:http://blog.goo.ne.jp/amakazari1963/e/c7ffd1167fc4b4c32830f5cbb515d37c
手に入れるために早朝というのか夜というのか希望者が行列をなすということです。
ちょっぴりでいいので舐めてみたいですね。

同じく人気なのが「農大味噌」。
作っているのは、株式会社じょうえつ東京農大です。
これもメチャクチャ美味いと評判の一品です。
ハチミツとミソの最強グルメペアをゲットしてはいかがですか?


スポンサーリンク

定番と新規の企画で魅力の大学は?

それぞれの大学でユニークな面白いイベントの企画がなされています。
ここで紹介するのは、来場者数が多い4大学を中心とする定番イベントです。
「ミスターコンテスト」関係は割愛していますので、ご了承ください。
なお、開催日は各学園祭のホームページ記載をそのまま表示しています。

まずは、「三田祭(11/23~26)」の「ミスコン」です。
しかしながら、2016年は関係者の不祥事もあり、中止となりました。
クオリティの高いイベントだっただけに残念です。
2017年実施有無は三田祭公式ホームページでは確認できませんでした。

続いて「早稲田祭(11月上旬)」の名物イベント「早稲田王決定戦」。
2016年は地上波放映されるほどの盛り上がりぶりだったようです。
選び抜かれたメンバーがリアル早稲田王を目指す、早大生だけでなく
一般の方にも人気浸透の企画です。
内容の過激さは年々アップとのこと。
果たして今年はどこまでやるか?

早稲田王
出典:https://twitter.com/mikata_fuyuki/status/795170407133298688
3番目は「青山祭(11/3~5)」の「ミスコン」です。
主催が青山祭実行委員会から広告研究会に変更されました。
エントリーは5月上旬に完了しているようです。
秋という季節にもかかわらずホットな戦いが繰り広げられるでしょう。

最後は「駒場祭(11/24~26)」の「河童踊り」です。
踊るのは東京大学水泳部のトビウオの方々。
近くで行われている他のイベントに負けない盛り上がり方です。
今年も期待しています。

ところで、各大学とも多くの新規企画アイデアがありそうですが、
詳細が調べきれず書き込みできませんでした。

お詫びとして東京藝術大学の「藝祭(9/8~10)」で行なわれる
神輿パレード」をご紹介します。

このパレードは「藝祭」の初日に行われますが、
かなりのインパクトがあります。

サンバリズムにのって出発しますが、デザインのすばらしさに加え、
その大きさに度肝を抜かれる見物客も少なくありません。
間違いなく一見の価値ありです。

まとめ

外出するには絶好の季節に催される秋の学園祭。
大学ごとに個性あふれる企画が実施されます。
これからも伝統の定番イベントに新世代の考案した企画が加わり、
新たな歴史が作られていくのでしょう。

個性や特長を失うことなく、また過度の商業主義に走ることなく、
学生の主義・主張・成果の発表の舞台として、
来場者のリクレーション広場としてさらに発展して欲しいと思います

今回は東京都内の大学キャンパスで開催される大規模なものを中心に
ご紹介しました。
興味を持った、あるいは先に述べたように生まれ変わった学園祭を発見して、
オリジナル学園祭ツアーをプランニングするのも楽しいでしょうネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください