ゴールデンウィークに春バージョンが開催されて
毎年大反響を呼んだ肉フェス
秋にも開催されます!

去年は春に食中毒が起きて
秋の肉フェスが中止になってしまいましたが
今年はしっかり開催されますよ!

そこで今回は関東の肉ファンのために
肉フェス2017秋の
日程や会場の場所、
どんなメニューがあるのか
そして混雑状況の予想
をお伝えしていきたいと思います。

それでは早速行ってみましょう!


スポンサーリンク




肉フェスTOKYO2017秋の概要!

肉フェス2017秋の概要
出典:http://rocketnews24.com/tag/肉フェス

まずは肉フェスTOKYO2017秋の
日程や会場の場所、悪背うなどを見ていきましょう!

開催期間
2017年9月14日(木)~9月18日(月・祝)

開催時間
10:00〜21:00(平日:12:00〜21:00)

平日はお昼から開催ですので注意です!

会場は第一回肉フェスが開催された
駒沢オリンピック公園 中央広場

入場料金は無料となっています。
気軽に入場できるのはうれしいですね!

会場での支払いは食券が必要?

会場での食事の支払いは

  • 食券
  • 電子マネー
  • 現金

の三種類があります。

食券

値段は1枚700円で
ローソンチケットか
PassMarket
を利用して購入することができます。

5枚綴りのセットもあるんですが
値段は3500円と特に割引は無いですし
もし食券が余っても払い戻しはできないので

チケットを購入する際は気持ち少なめに買っておいて
足りなければ現地で買い足しても良いかと思います。

電子マネー

電子マネーがあれば食券を購入せず
お店でタッチするだけなので簡単ですね!
使える電子マネーは

  • nanaco(ナナコ)
  • 楽天Edy(ラクテンエディ)
  • WAON(ワオン)
  • Kitaca(キタカ)
  • Suica(スイカ)
  • PASMO(パスモ)
  • TOICA(トイカ)
  • manaca(マナカ)
  • ICOCA(イコカ)
  • SUGOCA(スゴカ)
  • nimoca(ニモカ)
  • はやかけん。

公式サイトにはこの全てが使えるような表記がされていますが
東京の会場でICOCAやSUGOCAなど他地域のICカードが使えるかは不明です。

nanaco、edy、WAONでしたらほぼ確実に使えると思うので
電子マネーを利用される方はこのあたりを準備しておけば安心ですね。

ただし、会場ではチャージができないので
あらかじめチャージしてから行くか
おサイフケータイなど、
スマホからいつでもチャージできるものをご用意ください。

現金

わざわざ食券や電子マネーを使わなくても
現金が使えるならそれでいいじゃんと思いましたが、

残念ながら現金は

  • ドリンクブース
  • オフィシャルキッチン
  • オフィシャルドリンク

の三か所でしか使えず
肉料理のお店では利用できないので注意です!

色々なお店が出店するので
現金のやり取りだと管理が難しくなってしまうのかもしれませんね

会場へのアクセスは?

駒沢オリンピック公園までのアクセスは

東急田園都市線駒澤大学駅から徒歩13分

もしくは

東急東横線都立大学駅から
東急バスの都立大学駅北口からバスに乗り
都立大理学部前か都立医療センターで降りて徒歩10分程度

バスの乗り換えがちょっとややこしいので
駒沢大学駅で降りた方がよさそうですね。


スポンサーリンク

肉フェスTOKYO2017秋の混雑状況予想!

肉フェス東京2017秋の混雑は?
出典:https://ameblo.jp/tarogroove/entry-11839591032.html

肉フェスはどれぐらい混雑するのか
春のお台場を参考に見ていきましょう!

調べてみたところ会場は十分に広いので
動けないぐらい混雑するということはないようです。

そして待ち時間ですが
これはお店によってまちまちのようです。

それなりのお店では10人程度の待ちなので
数分待てば料理を受け取れますが、人気のお店となると
ピーク時には1時間待ちなんてところもあるようですよ!

ちょっと気になるお店があれば
なるべく行列ができる前に行くか、
ピークが過ぎてから行った方がよさそうです。

平日だとそこまでの混雑にはならないようですが
土日祝日の12:00~15:00がピークとなるので、
相当の混雑が予想されます。

並ばなくても食べられる裏技!

1つのお店のメニューを食べるのに1時間待ちはきついな
と感じたあなた!

そんなあなたのために肉フェスでは
並ばなくても購入できる「ファストチケット」があります。

このファストチケットは1枚500円が別途必要なので

名前的にディズニーのファストパスを連想しますが
お金を出して列に並ばない権利を買える
USJのエキスプレスパスの方が近いですね。

ただ、これはすべてのお店で使えるのではなく
一部の店舗のみ

そして会場では買えず、前売りのみの発売なので
土日祝日のピーク時間に行こうと思っている方は
検討してみてもいいかもしれません。

メニューの値段や評判は?

肉フェス東京2017秋の評判は?
出典:https://lineblog.me/fallindebu/archives/4862371.html

人はたくさん集まるけれど
土日祝日のピーク以外はそれほど混まない肉フェス。

その理由はメニューの値段にあるようです。

先ほど食券は1枚700円と紹介しましたが
大体のメニューは食券が2枚、つまり1400円必要なので

1人当たり平均2店舗か3店舗ぐらいしか回らないんですね。

そしてメニュー自体もちょっと割高で
2口3口ぐらいで食べられちゃうぐらいのボリュームなので
男性からは少し物足りないという評判がありました。

では実際に春のお台場に行った方の
生の声を見てみましょう!

おいしくて大満足!という声がある一方で
量が少ないという声もありました。

食べる場所はあるの?

最後に余談ですが
購入した料理を食べる場所はあるんでしょうか?

こちらは調べてみたところ、椅子は用意されているものの
混雑してくると満席になってしまうようです。

肉フェス東京2017秋に座席はある?
出典:https://dentsu-ho.com/articles/1097

春のお台場ではネット予約専用スペースという
席を予約できるシステムがあったんですが

秋の駒沢公園ではそのような情報は載っていないので
一緒に行った人と手分けして席を探すか
どうしても席がなければ食べ歩きとなりそうです。

まとめ

ということで今回は
肉フェス東京2017秋の内容について見てきました。

人は多いけれどお店はピーク時以外はそれほどならばないようなので
平日の夜や土日祝日のピークが過ぎてからのんびり行くのがおすすめです!

また、どれぐらい食べるのかは行ってみないとわからないので
できれば電子マネーを用意されることをおすすめします!