いきなりですが、
カレーって本当においしいですよね。

キーマカレー、バターカレー
グリーンカレーにスープカレー

一口にカレーと言っても様々な種類があって
かなり奥が深いです。

さらにはカレーの専門店もかなりの数があって
どれが一番美味しいのか迷っちゃいます。

それなら一番美味しいカレーを決めてしまおう!
と開催されたのがこの神田カレーグランプリ

カレーの激戦区、神田にあるカレー専門店の中から
一番を決めるこのイベントは
今年で7年目を迎えて年々規模も拡大しています!

そこで今回は神田カレーグランプリ2017について

どんなイベントなの?
混雑はどれくらい?
どんなお店が出店するの?

などと行った詳細を見ていきたいと思います。

それでは早速いってみましょう!


スポンサーリンク




神田カレーグランプリ2017の概要

神田カレーグランプリ2017はいつ?
出典:http://kanda-curry.com/m/

神田カレーグランプリ2017は
2017年11月4日(土)と11月5日(日)の2日間に渡って
千代田区神田の小川広場で開催されます。

開催時間は
4日が11:00~19:00
5日が11:00~17:00

と、2日目は早めに終了するので注意です。

神田に土地勘がない方は
ちょっと場所がわからないかもしれませんが
都営新宿線の神保町駅と小川町駅の間なので
駅を降りればすぐに分かるかと思います。

11月の3連休のうちの2日ですので
他にも色々とイベントが開催されている中での一つですが
何と言ってもカレーのイベントなので
かなりの人気になりそうです。

チケットの購入方法は?前売りチケットはある?

フードイベントはだいたい事前にチケットを購入し
それと引き換えに商品を受け取るという流れが多いのですが
神田カレーグランプリの場合はチケットはありません。

会場の入場料も無料なので必要なのはカレーを購入する現金のみです。

普通カレーといえば一皿800円~ちょっと高いと1000円ぐらいするものですが
神田カレーグランプリは色々なカレーを味わって
一番美味しかったものに投票してほしいという思いもあってか、

一皿の値段は400円~600円ほどで
すぐにお腹がいっぱいにならないよう量も少なめになっています。

一皿食べただけでは満足できませんが、
一日で色んなカレーを味わえるのはうれしいですね!

神田カレーグランプリの混雑は?

色んなカレーを食べられるのが嬉しい神田カレーグランプリですが
一店舗並ぶのにどれぐらいの時間がかかるものなのかが気になるところ。

そこで会場の様子を見てみると

神田カレーグランプリの混雑
出典:https://go-ride-news.com/festival-kanda-curry-grand-prix/

かなりの人混みです!

待ち時間も人が多い店だと数十分並ぶこともあるんだとか。

混雑する時間帯は他のフードイベントと同じく
正午~午後1時
午後5時~午後6時頃

特に開催期間が2日と短いので
確実に目的のカレーを食べたいなら
開場直後に来場することをオススメします!


スポンサーリンク

神田カレーグランプリ2017の出店店舗は?

では実際にどんなお店が出店するのかを見ていきましょう。

神田カレーグランプリに出店するお店は

  • いわま餃子
  • オオドリー神田駿河台店
  • 秋葉原カリガリ
  • カレーの王様
  • ガンディーマハル
  • ジョイアルカレー
  • GratefulDays
  • SAPANA水道橋西口店
  • 三月の水
  • 品川甚作本店
  • Shapla神田店
  • ジャンカレー(2016年・3位)
  • シリバラジ
  • お茶の水大勝軒(2016年・準優勝)
  • ザ・タンドール
  • チャントーヤ
  • フジヤマドラゴンカレー
  • ビストロべっぴん舎(2016年・カレーマイスター賞)
  • 桃の実
  • ユニーク

2014年から毎回上位を受賞していた
100時間カレー B&R 神田店が今年は出店しないようなので
優勝候補は昨年準優勝だったお茶の水大勝軒でしょうか。

今年はどのようなカレーが食べられるのか楽しみですね!

行ってきた人の感想や口コミは?

それでは最後に神田カレーグランプリに行ってきた人の感想や
イベントの口コミを見ていきましょう!

さすがカレーの激戦区
ここで賞を取ったカレーはその後も安泰のようですね。

口コミは去年のものですが
お茶の水大勝軒の人気がかなりのものですので
上にも書きましたが今年は優勝を狙えそうです!

まとめ

ということで今回は
大人気のカレーイベントの一つ
神田カレーグランプリ2017について見てきました。

連休の予定がない方はもちろん
カレーを愛してやまない方は予定を変更してでも
行く価値があるかもしれませんよ!