風水では鏡は重要なアイテムとされています。

使い方ひとつで運気がアップしたり
逆にガクッと下がったり
力が強い分プラスとマイナスのふり幅も大きい
ので

正しく使って言い運気を呼びたいですね。

そこで今回は風水の視点でみる鏡について
特に玄関に置く場合の意味や効果
紹介していきたいと思います。

そもそも玄関に鏡を置くべきなの?
置くならどの方角に置いたらいいの

などについて

早速内容を見ていきましょう!


スポンサーリンク




玄関に鏡は必要?風水的な意味とは

風水で選ぶ玄関の鏡
風水で鏡はストレスを和らげ気持ちを安定させる
「水」を意味しており
仕事運や恋愛運がアップすると言われています。

風水的には悪い場所に鏡を置くことで
そこに別の景色を写してエネルギーを持ってきたり
邪気を跳ね返す役割があります。

そんな鏡を玄関に置くことで
狭い玄関を広く見せる
暗い玄関を明るく見せる

といった玄関の悪い部分を隠し
良い気を呼び込む役割があるということから

玄関の正しい位置に鏡を置くことは
風水上とても有効なんです。

鏡の形は?

玄関に鏡を置く場合
一番相性がいいとされているのが
八角形の鏡です。

北の方角にある玄関に置くと
金銭運がアップし

南の方角にある玄関に置くと
仕事運や恋愛運がアップすると言われています。

鏡の置き方は?

基本的な鏡の置き方ですが
その前にまず玄関を綺麗にしましょう。

せっかく鏡を設置しても
そこに脱ぎ散らかされた靴や無造作に置かれた傘などの
悪い気を持った景色が映ってしまえば
マイナスがさらに増幅されてしまうので
逆効果になってしまいます。

鏡には花を映すことで
恋愛運が上がると言われていますよ!

鏡を置く方角は?

では次に鏡を置く方角についてですが、
もう少し具体的に言うと

どの方角の玄関に鏡を置くかが重要になります。

良い気が入る方向に玄関がある場合

良い気が入ってくるとされる
東、東南、南に玄関がある場合は
基本的には鏡を置く必要はありません。

どうしてもおきたい場合は
玄関から入って左に鏡を置くと金運上昇
右に鏡を置くと仕事運や恋愛運が上昇

と言われていますのでその位置に置いてみてください。

悪い気が入る方向に玄関がある場合

悪い気が入ってくるとされる
北、北東、西、南西に玄関がある場合は

悪い気を跳ね返すという意味で
正面に鏡を置く事が有効です。

ただ、実用的な面から見ると
玄関を開けてすぐ自分の姿が映るのは
精神的にあまりよくないので
そこまで徹底する必要はないかなと思います。

風水はあくまで暮らしをよくするためにあるものなので
風水を守ることで生活に違和感を感じるなら
それは自分の生活に合っていないと割り切って
実践しないほうが良い結果になることが多いです。


スポンサーリンク

止めた方が良い位置や置き方

次に少し今までの話と被る部分もありますが
鏡を置かない方が良い位置や置き方を見ていきましょう!

玄関扉の正面に置く

先ほど悪い気が入ってくる方角に玄関があるなら
正面に鏡を置いてもいいとお話ししましたが

基本的に悪い気だけでなく良い気まで跳ね返してしまう
正面の鏡はお勧めしません。

できれば右か左に設置することをおすすめします。

斜めに置く

鏡を斜めに置くと
気の流れがおかしな方向に跳ね返されて
運気が乱れると言われています。

なるべく大きな角度をつけず
まっすぐ設置しましょう。

合わせ鏡

これは風水をあまり知らなくても
良くないものだという印象を持っている人が多いですね。

風水に限らず古今東西不吉だと言われている置き方なので
止めておいた方が吉です。

複数の小さな鏡を置く

複数の小さな鏡は一つ一つが気の流れをつくり
結果的に気を乱してしまうので
おすすめはできません。

増えて欲しくないものが映っている

先ほども少しお話ししましたが
脱ぎ散らかした靴やごみ、支払明細書など
増えたら困るものが映っている状態で鏡を付けると

困りごとがさらに増えてしまうので
玄関は常に清潔にしておきましょう。

鏡に映った時頭が切れている

鏡を見たとき頭が切れている、
ちょっとかがまないと顔全体が映らない

こういう置き方は成長運を下げてしまうので
玄関の鏡はしっかり頭の上まで映るように
少し高めに置いておきましょう。

特に夫婦で使う場合は少し縦長の鏡を使って
お互いの頭がしっかり入る位置に調整しましょうね。

まとめ

ということで今回は
風水の視点で見る玄関の鏡についてお話ししてきました。

冒頭でもお話ししたように
鏡はそれ自体がかなりのパワーを持っているものなので
扱いには十分注意して良い運気を呼び込んでくださいね!