メタ認知とは?トレーニング方法や事例をわかりやすく解説

効果的なスキルを身につけるには、メタ認知を理解し活用することが必要です。

今回はメタ認知の紹介とそのトレーニング方法について解説します。

メタ認知の構成要素について説明し、事例やメリット、
マインドフルネスやセルフケア活動の活用など、メタ認知のトレーニング方法について解説していきます。

さらに、成功するためになぜメタ認知の発達が重要なのかについても書いていきます。

それでは、メタ認知の重要性とその活用法についてみていきましょう。

メタ認知とは何か?事例を交えて解説

メタ認知とは、”思考について考えること”、”知ることについて知ること”、”意識について意識すること “です。

それは様々な形をとり、問題解決や学習のために、いつ、どのように特定の戦略を用いることができるかに関する知識を含みます。

メタ認知とは、自分自身の思考を意識することです。

メタ認知は自己調整能力の開発に不可欠であり、人が自己監視と自己制御を行い、批判的に考え、不適応な行動を修正する能力に反映されます。

自分の認知プロセスを自覚している人は、課題への取り組み方や目標への集中力を高めるための戦略を用いることができます。

メタ認知の構成要素とメリット

メタ認知には、

  • メタ認知的知識
  • メタ認知的経験
  • メタ認知的方略
  • メタ認知的制御
  • メタ認知的評価

の5つの構成要素があります。

メタ認知的知識とは特定の問題に関連する事実、スキル、シミュレーション、文脈の構成などを理解することです。

メタ認知的経験とは、自分自身の問題解決、理解、学習プロセスに対して持つ個人的な洞察のことです。

メタ認知的戦略とは、人が問題を克服するために用いる戦略です。

メタ認知的コントロールとは、問題を解決するために用いる戦略を調整する能力です。

最後に、メタ認知的評価には、自己反省、エラーの認識と修正、意思決定が含まれます。

メタ認知的行動を表示することには、数多くの利点があります。自分の弱点を認識し、どのように戦略を調整し、いつ自分の決断を評価するかということを支援することによって、パフォーマンスと正確さを向上させることができます。

また、いつ助けが必要なのか、どのように助けを求めるのがベストなのかを見極める手助けにもなります。

メタ認知は、自信をつけ、モチベーションを向上させ、自己効力感を高めるために不可欠なものです。

メタ認知のトレーニング方法

メタ認知を鍛えるには、モデリング、内省的な日誌の作成、マインドフルネスやセルフケア活動の活用など、さまざまな方法があります。

モデリングは、個人がメタ認知のスキルを学ぶのに有効な方法です。

ロールモデルとは、学習者が問題にどのようにアプローチし、どのように理解しようとし、どのように自分の決定を振り返るかを観察するのを助けることによって、適切な認知を実証できる人物のことです。

また、内省的な日誌を作成することも、メタ認知を向上させる効果的な方法となります。

内省的な日記には、目標、戦略、問題解決のプロセスなどについての内省が含まれます。

書き出すことで、自分の考えをより意識化することができるのです。

最後に、マインドフルネスとセルフケアの活動は、メタ認知のスキルを訓練するために使用することができます。

深呼吸、ヨガ、太極拳、瞑想などのマインドフルネス活動は、自分の心や体の反応に気づき、自分の考えを客観的に観察することができます。

また、日記を書く、絵を描く、感謝を表すなどのセルフケア活動も、メタ認知の発達に役立ちます。

メタ認知の実践例

メタ認知の一例として、問題解決の文脈があります。

メタ認知を行う人は、問題を振り返り、複数の解決策を考え、それぞれの解決策が問題の結果にどのように影響するかを考え、どの解決策が最良の選択肢であるかを評価します。

もう一つの例は、勉強の文脈で、メタ認知行動を示す人は、勉強している教材を振り返り、苦手な分野を認識し、使用している勉強戦略を修正し、その努力の効果を評価します。

まとめ

メタ認知は、問題解決、批判的思考、意思決定、学習のための重要なツールです。

メタ認知とは、自分の思考を認識し、その認識を用いて思考プロセスを調整、分析、修正することです。

メタ認知の構成要素は、モデリング、内省的なジャーナリング、マインドフルネスやセルフケア活動の活用を通じて訓練することができます。

メタ認知の発達は、パフォーマンスや正確さを向上させ、モチベーションや自信を高めるのに役立ちます。