韓流ブームの波に乗り、日本でも
一大ブームを起こしたKARA

今回はそのKARAの中でも
ズバ抜けた歌唱力を持つことで
人気のあったキム・ソンヒさんの
プロフィールや現在、最新の情報、
彼氏や結婚についてご紹介していきます!


スポンサーリンク




キム・ソンヒ(元KARA)のプロフィール!

元KARA キム・ソンヒ
出典:http://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1523373128/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cDovL2Fpa3J1LmNvbS9hcmNoaXZlcy8yNjEx/RS=^ADBKlGMw8.V.TewcbNOZsiGuo1T.Os-;_ylc=X3IDMgRmc3QDMARpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjVGdOZEpKcjd2MjJFcEhiX255T0FqVm1EbV9qZzJ6ZncwMkFvU3ZjSFlfNmVVcWFCOEJqb0xCRm9mZwRwAzQ0S3Q0NE9nNDRLOTQ0T3o0NE9TBHBvcwM3MgRzZWMDc2h3BHNsawNycg–

キム・ソンヒさんは

KARAのメインボーカルとして活躍。

1989年5月17日生まれ、ソウル特別市出身。
血液型はB型。
身長163cm、体重は41kgです。

抜群の歌唱力だけではなく、
実はダンスもかなりのレベル。
デビュー前から、
実力派の新人として期待されていました。

性格明るく、活発
シッカリしているそう。

高校時代のクラスメイトによると、
やはり目立つ存在であったそう!

友達がボールをぶつけられた際
ぶつけた相手が謝らなっかったので
ボールを切り刻んだというエピソードが。

とっても正義感が強い性格のようですね!

趣味歌、ダンス、音楽や映画鑑賞だそうです。

特に歌に対する自信と情熱は高いよう。
幼い頃より歌手を夢見ていたとのこと!

両親に反対されても諦めず、
夢を追いかけたソンヒさん。

信念をもった意志の強い人でもあるのですね!

現在は何してる?最新情報を調査!

元KARA キム・ソンヒ
出典:http://aikru.com/archives/2611

2007年にKARAの初期メンバーとして
デビューしたソンヒさん。

しかしそれ以前の
2005年ドラマ「三つ葉のクローバー」
サウンドトラック内で主題歌を歌うなど、
デビュー前からかなりの実力の持ち主であったそう!

2007年「Break it」でデビューしたのですが、

2008年にグループを脱退することを発表!

元々芸能界入りに大反対だったご両親

学業優先するという約束で、
アイドルの世界に入ることを承諾してくれたとのこと。

しかし、仕事が忙しくて学業が疎かに。

両親と約束した「学業優先」
という言葉が守れないことからのストレスで
体調不良になったことが理由
でした。

一方で、新興宗教系のキリスト教
信仰に熱心になったためという説もあるようです。

はっきりとはわかりませんが、
2つの理由が重なっていたかもしれませんね!

現在は歌手を目指す人達向け
ボーカル指導を行なっているとのこと!

歌手を夢見る人々の後押しをする
素敵な仕事をしているようです!

形は違えど、音楽に携わっていらっしゃることが、
とても嬉しいですよね!


スポンサーリンク

彼氏や結婚の噂は?

歌手としての実力もさることながら、
クールビューティで人気のあったソンヒさん!

さて、気になるのは彼氏や結婚のことですよね!

ソンヒさんと言えば、
ダンス歌手のユ・スンジュンさんの大ファンだと
インタビューなどで答えたこともありました!

さあ!どうなのでしょう?早速、調べてみましたよ!

何と、ソンヒさんは2011年に結婚なさっていました!

ウェディングの写真も公開されていましたよ!

元KARA キム・ソンヒ
出典:http://blog.livedoor.jp/ibk_swbf/tag/キム・ソンヒ

お相手韓国の大御所の声優・ヤン・ジウンさんの
ご長男である ヤン・ウォンジュンさん!

ヤン・ウォンジュンさんは9歳年上だそう!
ソンヒさんは当時22歳という若さで結婚されたみたいですね!

同じ宗教を信仰していることから知り合ったそう!

ウェディングドレス姿、本当に美しいですよね!

幸せそうで、本当に良かったです!

まとめ

歌手として申し分のない歌唱力と
ダンスセンスを持ちながらも
グループ脱退を決意したソンヒさん。

そんなソンヒさんのプロフィールや
現在、結婚の噂をご紹介してきましたが、
若くして結婚していたという意外な事実も
知ることができましたね!

表舞台からは引退したソンヒさん。
しかし、明日の歌手を夢見る人々を
支えるという素晴らしい形で、
音楽に携わっていました!

ソンヒさんを超える素晴らしいアーティストを
たくさん育ててくれることを楽しみにしたいですね!