瀬戸内海は無数の島々があり、多くの魅力的なリゾート施設があります。
その中でも日本の有名な建築家・安藤忠雄氏が設計をした「瀬戸内リトリート青凪」はその見事な建築と贅沢な景色や設えで多くの人々を魅了しています!

今回はそんな瀬戸内リトリート青凪を安藤忠雄氏、
こどもの宿泊の可否、お部屋や食事という情報に
スポットを当て、ご紹介します。


スポンサーリンク




瀬戸内リトリート青凪とは?

瀬戸内リトリート青凪
出典:http://www.interior-joho.com/interior/detail.php?id=3701

瀬戸内リトリート青凪愛媛県松山市にあるリゾート施設

「ミシュランガイド広島・愛媛 2018 特別版」において豪華で最高級であるホテルの5パビリオン(赤)として紹介されたスモールラグジュアリーホテルです。

宿のコンセプトは「MINIMAL LUXURY」
“余計なものをそぎ落とし、本当の自分を取り戻す”
なのだとか。

元々は大王製紙が招待客向けに開設した宿泊施設で、
2015年まで「エリエール美術館」として一部を一般に公開していました

その後改装し、ホテルとしてリニューアルオープン!
株式会社温故知新によって運営されています。

瀬戸内海の美しい景色を望める最高のロケーション
わずか7室のみでオールスイートという贅沢な客室
リトリートは「隠れ家」という意味があり、
まさに瀬戸内海の大人の隠れ家のごとく、
ゆっくりと贅沢な時間が過ごせるホテルとして
大変人気のホテルです!

有名建築家が設計?こどももOK?

実は瀬戸内リトリート青凪は「風の教会」
「住吉の長屋」など数多くの素晴らしい建築を手掛けた建築家・安藤忠雄氏により建築・設計されているんですよ!
瀬戸内リトリート青凪

海に向かって突き出すように作られたプールや
緑と空、水の調和が美しい中庭。

瀬戸内リトリート青凪
出典:http://webdesignmagazine.net/art/setouchi-aonagi/

瀬戸内リトリート青凪
出典:http://benesse-artsite.jp/program/andomuseum-talk-20161119.html

思う存分瀬戸内海の美しい景色を楽しめるように
作られた客室。

瀬戸内リトリート青凪
出典:
http://www.ikyu.com/00002197/

これら全てが分断されないよう、
重なり合うような空間づくりがされているのだそう!

非常に美しい建物ですので、
建築に興味がある方はもちろん、
そうでない方も充分に楽しめる空間となっていますよ!

こんなラグジュアリーなホテルはこども連れは大丈夫か気になりますよね!

瀬戸内リトリート青凪は
半露天温泉スイートパノラマビューのお部屋に限り、
お子様連れの宿泊もOKです!

瀬戸内リトリート青凪
出典:
http://www.ikyu.com/00002197/

しかも13歳未満でしたら室料は無料
エキストラベッドやお食事代は別途料金必要になりますが、添い寝は無料です。

またお子様が一緒の場合は夕食会場は個室になります。
他のお客様に気兼ねせず過ごせるので
お子様連れには嬉しいですよね!

有料にはなりますがベビーベッドの用意や、
お子様用の食事もありますよ!

ただ、離乳食の用意はありませんので、
持参しなければなりません。

海側テラスの設置もあり、眺望も素晴らしいです。

お部屋は限られてしまいますが、
素敵な景色や空間を家族一緒に楽しめるのは嬉しいですね!


スポンサーリンク

お部屋や食事もすごい?

瀬戸内リトリート青凪はお部屋も素晴らしく、瀬戸内の景色が望めることでも人気!

先ほどご紹介した「半露天温泉スイートパノラマビュー」を含めると5タイプのお部屋があり、全部で7室
その7室の全てのお部屋が100㎡以上のスイートです!
ではそのお部屋を紹介していきます!

「貴賓室・離れTHE AONAGI スイート」

瀬戸内リトリート青凪
出典:
http://www.ikyu.com/00002197/

瀬戸内海の島々を一望でき、169㎡もの広さを誇る
メゾネットタイプの最上級のお部屋です!

本館タワー棟の5階にあります。

このホテルの1番人気のお部屋で、
高さはほぼ東京スカイツリーと同じ高さなんだそう!

時間とともに移ろいゆく瀬戸内海の美しい景色を
楽しめる贅沢な空間です!

「半露天温泉スイート フォレストビュー」

瀬戸内リトリート青凪
出典:
http://www.ikyu.com/00002197/

別館タワー棟の1階から3階にあります。
102㎡と全タイプの中で一番コンパクトですが、
オリジナルの「フルフラット寝湯」を備えたお部屋。

こちらのお部屋は天然温泉
露天風呂スペースではテレビを楽しめたり、
飲み物を持ち込めたりと温泉好きには嬉しいお部屋です。

美しい森林の緑を楽しみ、癒されながら過ごせますよ!

「4ベッドスイート オーシャンビュー」

瀬戸内リトリート青凪
出典:
http://www.ikyu.com/00002197/

本館タワー4階にあり、
こちらは2部屋のコネクティングルームになっています!
2つの独立したベッドルームをもつお部屋で、
106㎡の広さがあり、それぞれにバス・トイレが
備わっています
のでグループ旅行や家族旅行におススメです!

「ガーデンスイート」

瀬戸内リトリート青凪
出典:http://www.ikyu.com/00002197/10333821/

別館地下1階にあるウッドデッキ付きのお部屋
106㎡の広さがあります。

すぐそばに緑が感じられるお部屋ですので、
ゆったりと過ごすのにピッタリですよ!

午後はハンモックに揺られ、木漏れ日を浴びながら
お昼寝するのもいいですね!

どのお部屋もとっても素晴らしくて選ぶのが難しいですね!

「次はこちらのお部屋に泊まってみようか」など
何度も訪れる楽しみもありますね!

瀬戸内リトリート青凪はお料理も絶品!

お客様に瀬戸内を体験して頂きたいという
「瀬戸内のショーケース」をコンセプトに、
瀬戸内の食材を使った和会席が頂けます。

瀬戸内リトリート青凪
出典:http://www.eihosha.com/meguri/meguri1609.html

美味しいだけではなく、
瀬戸内の情景を映し出したかのような
芸術的な盛り付けも素晴らしい
舌で目で楽しめる美しい品々が並びます!

ここでしか味わえないお料理が頂け、
贅沢な時間を過ごせますよ!
ぜひご賞味くださいね!

まとめ

いかがでしたか?
素晴らしい景色、素晴らしい料理、贅沢なお部屋、
そして建物自体を楽しめるという貴重なホテルは
そうないのではないでしょうか?
今回はそんな瀬戸内リトリート青凪の魅力を建築家や
こどもの宿泊、お部屋やお料理という情報を中心にご紹介しました。

ぜひ瀬戸内リトリート青凪で非日常の体験をしてみてくださいね!