来春、新一年生になるお子さんをお持ちのご家庭ではラン活、
ランドセル選びはもう始まっているみたいです。

「ラン活」とは「ランドセルを買うために行う活動」のことですが、
あなたのお宅ではどうですか?

お子さんが6年間も使うランドセルです。
後悔のないように選びたいですよね。

そこで当サイトでは、
ランドセル選びのための最新情報、いつ買えばいいのか、
おすすめの人気色と売れ筋
について紹介します。


スポンサーリンク




ランドセル選びを迷っている人に最新情報!

学校
5年くらい前まではランドセルの購入時期は、
小学校に就学前の年末年始あたりが普通でした。

ところが現在は、6~7月くらいに前倒しになっています。

その理由ですが、手作りの職人さんによる工房系のランドセルに
人気が集まっているからなんです。

なんと、夏休み前には売り切れになるらしいですよ!

これまでのランドセルは、
大量生産のものが多く出回っていたのですが、
ここ最近、伝統的な工房系のランドセルが注目されだしたのです。
職人さんによるひとつひとつが丁寧な作りで丈夫。

しかも使いやすい。

競争率は激しいけれど、なんとかして可愛いわが子のために
手に入れたいと思うのも親心として当然です。

ところがここに問題があります。
手作りランドセル業界はこれまで長い間、衰退産業だったのです。

だから、職人さんが育っていない。
ランドセルを作る職人さんの絶対数が足りないらしいのです。

人気の証拠に、手作りランドセルで代表格の「土屋鞄」では、
発売初日に前年の20倍以上のアクセスが集中して、
長時間サイトにアクセスしづらい状況が発生したくらいです。

そもそもいつ買えばいい?どこで売ってる?

デパート
いつ買えばいいかは、
前述のとおり夏休み前くらいに決めるのが良いでしょう。

もし、おじいちゃんおばあちゃんに買ってもらう予定なら、
早めに今のラン活事情を説明したほうがいいと思います。

きっと驚かれることでしょう。

どこで売っているかですが、色々なところで販売されています。

デパートや百貨店、量産店、ショッピングモール、鞄屋さんなどの店頭。
郵便局にもランドセル申し込みはがきがおいてある時代です。
通販で買うとすれば、通販大手の楽天やアマゾン、その他の通販サイトなどでしょうか。

大まかに分けるとその購入方法は、

・デパートや量販店など、店頭にて購入する
・インターネット等の通販ショップにて購入する

という2つの方法に分けられるかと思います。

ランドセル

一番いいのは、百貨店とか量販店の店頭でお子さんと一緒に、
好きな色を選ばせてから、実際に触ってみて背負ってみて、
感触を確かめてから納得して求めるのが安心できますよね。

通販で買う場合は、種類が多いので選びやすくお手軽なのが魅力ですが、
やはり実際に触っていないのがネックです。

色や形、データだけで選ぶと、
肩ベルトやクッションの柔らかさなどが思ったものでない場合もあるのです。

リサイクルや少し前の型落ちのものを買う場合ですが、
内寸が小さめな場合があるので、注意が必要です。

また、安くなるのを二月、三月まで待って買うとしますね。
そこにあるのは、売れ残りです。

値段も少しは安くなるかもしれませんが、
お子さんの好みのものがない場合が殆どです。

それも困りますよね。

早めに用意してあげるのが、親子共にストレスがなくていいでしょう。


スポンサーリンク

今年の人気色は?売れ筋はどんなものがあるの?

ランドセル
ひと昔前のような、男の子は「黒」女の子は「赤」という時代は終わりました。

いまは本当にバラエティに富んでいます。

最近流行の人気色は、

  • 茶色(キャメル)
  • 深い緑色
  • ワインレッド
  • ローズピンク
  • 水色

などが挙げられます。
またメタリックな輝きのゴールドやシルバーも元気な男の子たちに選ばれているようです。

ただ、ランドセルは6年間も使うものなので、
なるべく飽きのこないもの、汚れやすくないものを選ぶのも
大切なポイントになります。

最近では原点回帰であえて、たくさんの選択肢の中から黒・赤
選ぶ人も少なくないそうです。

同じ黒・赤でもパイピングなどのデザインで個性を出すことができますから、
黒や赤を選ぶのが古くさいと考えずに、選択肢に入れてみてもいいかもしれません。

収納力 > 丈夫さ > 背負い易さ・軽さ > 安全策 > 色・デザイン

それと、色や軽さのほかにまだあります。
実はこれが一番大切だったりするのですが。

2011年から始まった脱ゆとり教育でA4サイズの標準化も進み、
プリントや副教材のA4サイズも増えました。

そのため、ランドセルに求められることは、
A4のフラットファイルがすっぽり入ること、これが必須条件となります。

まとめ

ランドセル選びのための最新情報、いつ買えばいいのか、
おすすめの人気色と売れ筋
を紹介しましたが、いかがでしょうか。

今回調べてみて、ランドセルの色の豊富さに驚きました。

どれも魅力的で、この中から好きなのを選ぶのも大変そうです。

でも、自分たちの時代は選ぶという選択肢がなかったので、
それに比べると、逆に現代っ子がちょっと羨ましかったりします。

この記事が、あなたのお子様の
ランドセル選びに少しでも役に立ったなら幸いです。