結婚や出産、進学、卒業…
これらのお祝い事にお祝いをしてもらった方へ
感謝の心を伝える内祝い。

自分に幸せなこと、嬉しかったことが起きた時に
他のご家庭にもお裾分けっといったことも内祝いと言います。

でも内祝いにかける金額ってどのくらい?
貰った人それぞれ別なものを渡した方がいいの?

といったように気持ちをちゃんと伝えたいからこそ、
品物や金額に悩んでしまいすよね…

私自身も家族に返す内祝い、
友達に返す内祝いにとても頭を抱えました…

そこで1番気にする金額や人気の品物などを調べてみました。

これから内祝いを考える方、
まだそういったことはないけれど内祝いについて
気になっていた方にオススメです。

では早速見ていきましょう!


スポンサーリンク




内祝いのお返しの相場は?

内祝いの相場は?
貰った物に対して3分の1〜半額が内祝いの相場となっています。

1万円のお祝いを貰った場合、
5千円または3千円をお返しする。といった形です。

ですが絶対この値段!必ず半額を返さなければいけない!
…なんて決まったことはありません。

自分がお返ししたい…!伝えたい!っといった気持ちが
1番大事なので金額に左右されなくても大丈夫ですよ。

金額別におすすめのお返しを調査!

貰った金額ごとにお返しを変えるべきか、
それとも統一して同じものを贈るべきか…
なかなか悩ましいところですね。

ここで金額別にお返しされているものをまとめてみました!

【5万円】…カタログギフト、旅行券

【3万円】…カタログギフト、商品券

【1万円】…ギフトセット、ちょっとしたお食事会

貰った金額が高額だとどうしていいか迷ってしまいますよね…
代表的なのはカタログギフトです。

カタログギフトは贈られた方自身が選べるので
とても喜ばれる品物です。

内祝いに喜ばれるものは?

遠くに住んでいる方へのお返しなどにも最適です。

またカタログギフトにも値段によって内容が変わっています。
これは最終手段だ…!といった形でもいいかもしれませんね…!

3万円や1万円のお返しには商品券が妥当だと思います。
こちらも商品券を使って自分でお買い物が出来るので
当たり障りがないお返しですね。

お返しする人の好みなど分かっている場合は
その人に合ったギフトセットなど喜ばれます。

私は友達に前から気になったいた石鹸のセットを貰って
とても嬉しかったです!

自分の好みに合ったギフトセットを貰ったら
「あの人やっぱり分かってるな〜」
「好みを知っているから気になっていたものくれたんだ」っと思いませんか?

お返しでより深く関係が持てるようにもなるかもしれませんね。


スポンサーリンク

お礼状も同封した方が良い?

内祝いにお礼状は必要?
お礼状はお返しをどうやって渡すかにもよると思います。
直接手渡しで渡すのであればその場でお礼を言え、近況報告なども出来ますよね。

手渡しでは少し遠い、日にちが合わなくて送らなければならない…

こういった場合の時にお礼状はとても役に立ちます。
何か一言添えてあった方が貰った側は嬉しいと思います。

お礼状も「気持ち」なので必ずしも書かなければならないものではありません。

ですが滅多に会えない、配送する形で渡す、となると
お返しと一緒に添えておくのが常識的かなとも思います。

まとめ

幸せだ…嬉しい…!っといった気持ちを伝えたいのに
ぐるぐると深くお返しのことを考えていたら
本来伝えたいものも伝わらなくなってしまいますよね…

冒頭でもお話ししましたが

「感謝の心を伝える」

これが何よりも大切なことです。

お返しを贈る方も貰う方も快くなることを1番に考えましょう。