シロアリ対策

シロアリ対策を自分でするには?駆除・予防に使えるベイト工法とは

春から夏にかけ
木造の家に現れるシロアリ

名前を聞いたことある人は
多くいるかと思いますが、
実際に見た人
あまりいないのではないでしょうか。

うちとは無縁だという人も
意外といるかもしれません。

でも、木造の一軒家には
結構いるものなのです。

表面的に出てこないので、
わかりづらいですが、
シロアリというものを
知っておくことも大切です。

また、いざというときの駆除や、
対策なども調べてみました。

それでは、早速みていきましょう。


スポンサーリンク




シロアリとは?

シロアリとは、
普通のアリが白くなったもの
なのでしょうか?

詳しく知らない人が
ほとんどですよね。

シロアリは、
悪者のイメージがありますが、
自然界では重要な役目
担っています。

主食は木で、木の幹に含まれる
「セルロース」
栄養としているのです。

森の分解者と呼ばれるほど
自然界では人気者なのです。

生態系を成り立たせてくれる
シロアリですが、
人間の住む木造住宅では、
嫌われ者になってしまいます。

シロアリと黒アリは
見た目こそ似ていますが、
黒アリの捕食がシロアリです!

分類としても、
黒アリはハチの仲間ですが、
シロアリは、ゴキブリの仲間

いかにも嫌われそうな
分類ですよね。

木が主食となると、
木造住宅は危険ですね。

暖かくなると活性化するので、
春から夏にかけてが
特に気をつけたほうがいいです。

シロアリの駆除、予防の方法は?

シロアリの被害を受けると、
住宅の資産価値も下がり、
地震で倒壊しやすくなります。

阪神大震災で
被害が大きかった場所の家は
8割がシロアリの被害があったと
言われています。

しっかりと予防していれば
あれほどまでの倒壊は
なかったかもしれませんね。

シロアリは、寒いのが苦手ですが
最近の家は基礎まで
暖かいようです。

便利になったけれど、
シロアリにとっても
うれしいことだったのですね。

暖かいところと隙間には
注意ですよ。

そして、点検で
全部チェックできるような
造りがおすすめです。

木の部分は薬剤処理を
してくれていますが、
農薬だと5年ほどで
効かなくなるとのこと。

エコボロンという無農薬化を
実現した新しい防蟻剤は
半永久的に効果があるようなので
候補に入れたいですよね。

農薬は健康上にも
良くないので、
しっかり考えたいですね。


スポンサーリンク

ベイト工法のメリット、デメリット

防蟻手段のひとつである
ベイト工法は、
1985年頃にアメリカで登場しました。

従来工法とは違い、
ベイト剤(毒餌)を用います。

シロアリの習性
利用して行う方法となっています。

餌木を設置し、食害を受けたら
ベイト剤を投与していきます。

ベイト剤は、遅効性の薬剤で、
シロアリ同士の舐めあいにより
全滅につながるのです。

まさにシロアリの習性
利用していますね。

メリットとして、
薬剤の臭いがなく、
比較的安全であるということ。

また、
使用する薬剤量が少なく、
飛散もしないのです。

薬剤で人間の体調が
悪くなってしまったら
意味がないですよね。

しかし、もちろんデメリット
あります。

そのひとつが費用です。
8~10万円と高いですね。

定期点検も年に数回実施し、
そのたびに、1~2万円程度
かかります。

お金も時間も負担ですね。

そして、シロアリの種類により
不向きな面もあること。

建物には関係のないシロアリも
撲滅することがあります。

シロアリは、先に述べたように
自然界では大切な存在です。

やはり、こうなる前に
予防をしておきたいですね。

まとめ

シロアリについて
調べてみましたが
いかがでしたでしょうか。

シロアリは人間の建物には
邪魔者扱いですが、
自然界では食物連鎖に
大切な存在だとわかりました。

自分で予防するよりは、
専門家にお願いし、
早めにチェックしておきたいですね。

それにより、地震の際にも
効果を発揮すると思います。

表に出てこないシロアリなので、
知らないうちに家がボロボロに!
ということのないようにしたいですね。

シロアリ対策
最新情報をチェックしよう!