年賀状に夫婦だけの名前を書く時は?連名か別か?書き方を調査!

年の瀬もだんだんと近づいてきており、
今年中にやらなくてはいけない事が一杯で忙しい!!
という方も多いのではないでしょうか。

そんな中、忘れちゃいけない年賀状、
もうあなたは書かれましたか?

この時期になると、年賀状を書くのが
少々面倒だと感じてしまいますが、
やはり元日にもらう年賀状は嬉しいものですよね!!

今回はそんな年賀状の書き方について
調べてきましたので、是非参考にしてください。


スポンサーリンク




家族全員の名前は必要ない?

まずは基本的な書き方から、見ていきましょう。
相手の氏名ですが、一人だけではなく
その家族全員に出すことってありますよね!!

しかし、家族が多い場合だと、
何だか書くのも大変だし、
全体のバランスをとるのも難しいですよね。

そんな時は、無理して家族全員の氏名を
書かなくても良いって知っていましたか?

実は、送り先の家族が4人以上の場合、
まず世帯主の氏名を書き、
その横にご家族一同様と書けば、
家族全員分の氏名を書かなくても良いとされています。

この方が見た目もスッキリと見え、
書きやすいですよね!!

しかしながら、小さいお子様が居る家庭だと、
年賀状にその子の名前が書いてあるだけで
喜ばれることもありますので、
そういった場合は少々手間がかかっても、
家族全員分の氏名を書きたいものです。


スポンサーリンク

連盟にする場合のルールは?

連名で書く時ってどんな順番で書くんだっけ?
いつもこれで出していたけど失礼じゃなかったかな?
と心配なあなた…大丈夫です!!

明確な決まりはありませんが、
4人以下の場合は、年賀状の宛名は連名で書いていきます。

では、さっそく連名で書く際の
細かいルールを見てきましょう。

・世帯主の氏名は一番右に書く
・世帯主の左横に妻、その左横に子供の氏名を書く
・世帯主以外は苗字は省略する
・敬称は全員に付ける

文字だけで見ると少々難しく感じるかもしれませんが、
実際に書いてみると「そうだった!!」
と思うようなルールばかりなので、安心してくださいね。

最後の敬称は、小さなお子様が居る場合、
親しみをもって〇〇ちゃん、
〇〇君でも良いとされているので、
相手のご家族との関係に合わせて、
変えて方がみると良いかもしれませんね。

夫婦別に出すのはどういう場合?

たまに夫婦別で年賀状を出すときがありますが、
いったいどんな場合なのでしょうか?

それは、相手の夫婦が別居中
または夫婦どちらかが単身赴任している場合は、
別々に送った方が良いとされています。

しかしながら、なかなか難しい判断になりますので、
迷うようならば夫婦連名で出すことをおすすめします。

まとめ

いかかでしたでしょうか?
年賀状の書き方自体は難しくはないので、
しっかりとおさらいをして、失礼がないように書きましょう!!

ルールはもちろん大切ですが、それ以上に相手の事を想って
年賀状を書くことが大切です。
最近連絡を取っていなかった、あの人に年賀状で新年の挨拶を
されてみてはいかかでしょうか?

今年もあとわずか、書き忘れが無いように、
しっかりと確認し、25日までに出しましょうね!!

最新情報をチェックしよう!