モテる男になるには?雰囲気で分かるモテる男の特徴

好感度が高くてモテモテな男になりたい!
そんなことを思ったことはありませんか?

今回はモテる雰囲気がある男とはどんな感じなのか、ご紹介していきます。

女性に対する親近感と気軽さのバランス、LINEや電話のタイミングなど

この記事を読み終わるころには、好感度が高くてモテる男性の基本がわかるようになるはずです。

では、さっそく本題に入りましょう。

モテる男になるための基礎

モテる男になるための第一歩は、人はどのようにして人気者になるのかという原理を理解することです。

ユニークで魅力的な性格、自信、カリスマ性。
まず最初にこれらを磨いていくことが必要で、
さらに、話を切り出すタイミング・リアクションといったテクニックや
しっかりと人の話を聞く力、人を喜ばせたいという精神面の器の広さも大切になります。

さらに、流暢に自分を表現し、自分の意見や興味を躊躇なく伝え、自制心を理解することも必要です。

また、人の心理を理解し、その人の興味やニーズを的確に読み取る能力も重要です。

そして、常に魅力的なパートナーであり続けるために、最新のトレンドやムーブメントを理解することや、時事問題、文化、社会などに関する知識を広げることも人を引き付けることに繋がっていきます。

モテる男の雰囲気をまとうためには

モテる男の雰囲気を出すにはどうしたらいいのでしょうか?

それには、あなたがどんな人なのか、どんな魅力があるのか、人を惹きつけるようなポジティブなオーラを出すことです。

コミュニケーション能力が高く、気の利いた返事をし、面白い会話をしていれば、人はあなたに興味を持ち、引き寄せられるでしょう。

モテるということは、豊かで面白いライフスタイルを送るということでもあります。

何かに熱中し、それを通して自分を表現することを心がけましょう。喜びや創造性をもたらす趣味や活動を始めてみてください。

趣味を持つことは、あなたが外向的で好奇心にあふれることを示すだけでなく、他の人と差をつけることもできます。

あなたが本当に好きなことは、コミュニケーションの仕方や服装などの外見にも表れます。

最新の流行を研究し、そのアイテムのいくつかを所有することによって形から入っていくのも一つの手かもしれません。

また、多くの趣味を持つことで人と話すときの会話のきっかけにもなります。

共通の趣味で人とつながるだけでなく、新しいことを学び知見を広めるという意味でも色々なことに興味を持つよう日頃からアンテナを立てておくのはとてもお薦めです。

モテる男の女性との接し方

女性に接するとき、モテる男は自信にあふれ、思慮深く、気配りができています。

モテる男は、ただ自分がモテたいという願望だけを持っているわけではなく、
モテるためには人との関係が大切で、その関係はお互いの尊重の上に築かれることを知っています。

時間をかけて彼女の話を聞き、彼女の視点を理解すると同時に、自分の視点にも気を配ります。

そして、女性とのコミュニケーションは、タイミングが重要だという事も心得ています。

女性にモテる男は、メール、電話、直接会うなど、コンタクトを取るべきタイミングを心得ています。

そこで、「じゃあそのタイミングはいつなの?」という疑問が出てくるかと思いますが
残念ながらタイミングには唯一の正解は有りません。

そこで大切になってくるのが観察する力と聞く力です。

モテる男には「俺について来い」というような力強さがあるので、強気で自分勝手な性格なんだと勘違いされるかもしれませんが、

モテる男ほど女性のことをとてもよく観察し、話をよく聞き、
相手が何を求めているのか、どんなタイミングで接してきてほしいのかをよく理解しています。

まず重要なのは相手が何を望んでいるか。
彼女との距離感やタイミングを尊重して接していこうと意識することが大切です。

そして会話をするときは、なるべく穏やかに話そうと心がけましょう。

さらに忍耐強く、好奇心をもって決して批判的にならず、彼女の視点をより良く理解するために常に聞き手に回るようにしましょう。

まとめ

モテる男性になるには、他人目線で人の話をよく聞き、相手の立場に立つ意識を持った上で相手の話に興味を示す好奇心を持つことが大切です。

そんなの一気にできないよ!と思われるかもしれませんが、
一番重要なことは「この人はどんな考えを持っているんだろう」と
相手を理解しようとする気持ちを持つことです。

自分の言いたいことを言う前に相手の話したいことを聞く。
そして、相手の話を聞いて考えを理解したうえであなた自身の考えを押し付けるのではなくしっかりと”伝える”

それを繰り返していくうちに、モテる男になるための雰囲気が出てくるようになります!

できる所から少しずつ、試していただければ幸いです。