お中元の時期

お中元の時期はいつから?渡し方のマナーは?予算と喜ばれる品も!

お中元は一年の半分の時期に、
常日ごろお世話になった方に感謝の気持ちと
これからも変わらぬお付き合いをお願いします
という思いを込めて贈るもの。

お付き合いのある方に送るのだから、
失礼がないように、と慎重になります。
毎年、同じものを贈るのも考え物ですし。

ここでは、
お中元の時期はいつから?
渡し方のマナーは?
予算と喜ばれる品などをご紹介します。
ぜひお役立てください。


スポンサーリンク




お中元を贈るのはいつからいつまで?

地域によって異なるお中元の時期

お中元はいつからいつまで送るのか?ですがこれは地域によって若干異なります。

東日本では7月初旬から7月15日まで
西日本では8月初めから15日まで

とされています。

ただし、北陸地方だけは異色で、
金沢など都市部では7月1日~7月15日。
能登などの地方では、7月15日~8月15日の地区もあります。
そのため最近では、両方の時期に合うよう、
7月15日頃に届ける傾向になっています。

お中元の時期
出典:http://goddy-layout.com/wp-content/uploads/2017/04/nisi-higasi-new.jpg

また最近では全国的にも、7月の中旬までに贈るのが一般的になりつつあります。

百貨店やネットショップでも、6月初旬からすでにお中元セールが始まるので
忘れないうちに送っておこうという気になる人が多いのかもしれません。
デパートで購入する方は6月初旬までに住所録の用意が必要ですね!

お中元の時期に間に合わなかったときは?

もし、うっかりして贈り忘れがあった場合ですが、
暑中お見舞い
残暑お見舞い

として贈ります。

暑中お見舞い・・・7月15日以降~8月7日まで
残暑お見舞い・・・8月8日~8月末まで

このような括りになるようです。
立秋の日を境にして、暑中お見舞いから残暑お見舞いに代わります。
それにしても、この細かい数字を覚えるのはとても大変です。
忘れずに7月15日までに贈るのが一番無難だと確信しました。

知って得する渡し方のマナー!

挨拶状を添える

お中元は本来なら直接手渡して感謝の気持ちを伝えるのがベストですが、
遠方などでそれが叶わない場合などが多々ありますよね。
そんな時には業者を通じて配達をお願いするわけですが、
その時に挨拶状を添えて日ごろのお礼を伝えましょう。

内容は季節の挨拶とお中元の中身、いつ送ったか、など書いたほうが、
送られた先も都合が付けやすく安心だと思います。
挨拶状は荷物よりも先に届くように郵送するのは、言うまでもありません。

贈ってはいけない人

気を付けたいのが社会的立場上 
お歳暮やお中元を受け取ってしまうと宜しくない職業の人。
例えば、

  • 政治家
  • 警察官
  • 学校の先生
  • 公務員

などの方は、あらぬ誤解を受ける場合が往々にしてあるので、
贈るのは慎重にしたいもの。
贈り主に他意はなくとも、
相手に迷惑をかけてしまう場合があるのです。
お歳暮やお中元でヒヤヒヤさせたら大変です。

受取拒否されたら 自分も嫌な気持ちになりますし、
相手も申し訳ない気持ちになるでしょう。
お相手に確認を取ってから行動したほうが無難だと思います。


スポンサーリンク

予算の平均と喜ばれる品の紹介!

予算
出典:http://e-heartshop.sakura.ne.jp/ochugen/entry13.html

上記の表は楽天リサーチが行った調査結果によるものです。

お中元の予算は、お相手との付き合いの深さとか年齢にもよりますが、、
普通は3000円~5000円くらいが相場です。

特別お世話になった人に贈る場合に限り、
10000円の予算のときもありますが、
あまり高額だと相手も負担に感じますし、ほどほどが良いでしょう。

お中元で喜ばれる品は

お中元で喜ばれるものですが、

普段自分では買わないけど貰ったら嬉しい
量より質で勝負!プレミアム感がある物 
頻繁に使う消耗品等も結構アリ!
     
こんなところでしょうか。
プレミアム感があるものと、自分では買わないものというのは、
被っているような気もしますが、確かにそうですよね。
高級なハムとかお菓子など戴くのは、特別感があって嬉しいものです。

そのほかには、
カタログギフト」「商品券・ギフトカードなどの金券」も喜ばれています。

タオルや寝具は今はどこの家庭にもたくさんありすぎて、嬉しくないかもしれませんし、
珈琲や紅茶には、こだわりがある人もいますので難しいです。
「カタログギフト」「商品券・ギフトカードなどの金券」が重宝されるのも、
個性の時代と言われる現代を象徴しているのかもしれません。

まとめ

この記事を書いていて思い出したのですが、
子供のころ、祖母と一緒に菓子折りをもって近所に挨拶周りをしていました。
祖母はよそゆきの着物を着て、いつもよりシャンとしています。
季節は夏で、アスファルトがメラメラと湯気をだしていました。

そのときの祖母の挨拶言葉が
「盆前はありがとうございました」だったのです。
贈られた人も同じように返し、祖母は次の家へと向かいます。

盆前はありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

お盆を迎える前に、お互いが無事で過ごせたことを思いやり、
ご先祖様を迎える準備をしていたのでしょう。
改めてお中元の習慣、やっぱり大切にしようと思いました。

お中元の時期はいつから?
渡し方のマナーは?
予算と喜ばれる品も!
について紹介しました。
この記事がお役にたてたら幸いです。

お中元の時期
最新情報をチェックしよう!