LECT・意味

LECT(広島)のオープン予定はいつ?店舗情報やテナントの詳細は?

2017年に広島に開業予定の「LECT(レクト)」

博覧会の会場だった跡地に
オープンすると発表がされてから、
急ピッチに建設が進められています。

新しい商業施設の誕生に
期待を膨らませている方も多いはず。

そこで今回は「LECT」について
名称の由来やコンセプト、出店テナントまで
徹底的に調べてみましたよ!

では早速いってみましょう♪


スポンサーリンク




LECTの意味は?どんな施設なの?

LECT・意味
出典:http://lect.izumi.jp/
「LECT(レクト)」は2017年春にオープン
が予定されている大型商業施設です。

場所は、広島市西区で1989年に開催された
「海と島の博覧会」の跡地。
地下1階、地上5階の建物が建設されています。

施設には、スーパーマーケットやレストラン、
フードコートに衣料品、住居関連の
店が入る予定です。

新しい商業施設の名称「LECT(レクト)」は、

L=Living(住)
E=Eating(食)
C=Culture(知)
T=Town(街)、Time(時間)

とそれぞれの頭文字を取って名付けられました。

また「LECT」が提供を目指している4つの価値、
SELECT、COLLECTLECTURE、REFLECT
にも呼応しています。

中でもSELECTには「選び抜いた上質なものを揃える」
という意味が込められている
のだそう。

そんな「LECT」の誕生に、ますます期待が高まりますね!

買い物だけじゃない!3つのコンセプトとは?

LECT・コンセプト
出典:http://tabetainjya.com/archives/cat_3/_lect2017/
「LECT」のコンセプトは「知・食・住」
「LECT」の名称はこのメインテーマにもちなんでいます。

施設内はその3つをメインテーマに、

  • 知のゾーンである書籍やカルチャー
  • 食のゾーンである食材と食事
  • 住のゾーンである住生活関連

に分けられて造られるのだとか。

テーマによって分けながらも
それぞれがつながりあって知性や感性を刺激し、
心地よい「もうひとつの居場所」となる空間や
「もうひとつの時間」を提供する
買い物だけじゃない施設をめざしています!

「毎日、行きたくなる。わざわざ行きたくなる。」
そんな場所となる「LECT」のオープンが楽しみですね!


スポンサーリンク

出店するテナントは?

LECT・テナント
出典:http://ysb-freeman.com/hiroshima-western-sc-project-under-construction/
「LECT」には、
スーパーマーケットの「イズミ」
蔦屋書店が中核となる「T-SITE」
広島初出店となるホームセンターの「カインズ」
の3店舗が中心となり、
ほかにも約130店のテナントが入る予定です。

まだ全てのテナント名は発表されていませんが、
オシャレな女性に人気のファッションブランド
「OPEAQ.CLIP(オペークドットクリップ)」や
子供服のお店が多数入るようですよ!

CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)
が手掛けるT-SITEは、蔦屋書店が中心となった
オシャレな店作りでいつも話題になっているので、
「LECT」ではどんなお店が出来上がるのか
とっても楽しみですよね!

まとめ

いかがでしたか?

まだハッキリした開業日や
全テナント名が発表されていませんが、
おそらく新年の年明けには
公表されるのではないでしょうか?

広島初出店のお店も入っているので
来春のオープンが待ち遠しいですね。

「LECT」の全貌が分かる日を
楽しみに待っていましょうね♪

LECT・意味
最新情報をチェックしよう!