富士急ハイランド9月の混雑は?シルバーウィークと大学生の夏休みに注意!

富士急ハイランド9月の混雑は?

ギネス認定の絶叫マシンが人気の
富士急ハイランド

東京から車でなら
1時間半~2時間くらい。

高速バスも新宿等から
2時間くらいで行ける
とても人気のレジャー施設です。

今回はそんな富士急ハイランドの
夏真っ盛りを少し過ぎた

9月の混雑状況等を調べてみました。

それでは早速行ってみましょう!

富士急ハイランド9月の混雑は?

富士急ハイランド9月の混雑を
夏休まっただ中の8月と比較してみましょう。

まずは初旬から。

8月に行くくらいなら
混雑がなくなりそうな9月で
と思う方も多いようですが、

8月も9月も初旬なら土曜日が
少し混雑する程度のようです。

続いて9月中旬。

8月はお盆となる
8日~17日がめちゃくちゃ混みます!

一方9月の中旬は
土日がすこし混むくらい。

最後に9月下旬の比較。

下旬は8月より9月の方が混むようです。
その理由は
シルバーウィーク」があるから!

気分的に9月は夏休みの子供達や
ファミリーがいないから
空いてそうだと思ってましたが、

混む理由は他にもあったんです。


スポンサーリンク




大学生はまだ夏休み!

そう。
大学生は9月もまだ夏休み
と言う事

バイタリティー溢れる、大学生なら
8月までの夏休みはバイトして、

混雑が少なくなる9月に行こう!と考え、
夏休みが終わる前の9月下旬あたりに
遊びに行くそうなんです。

「絶叫系」アトラクション
が好きそうな大学生が
多く押し寄せるとなると

富士急の4大絶叫アトラクションは
相当混雑しそうですよね?

9月の絶叫マシンの待ち時間は?

ということで、
9月の待ち時間を予想してみました。

・ええじゃないか
→約2時間10分待ち

・ドドンパ
→約1時間40分待ち

・FUJIYAMA
→約1時間10分待ち

・高飛車
→約1時間45分待ち

これらの絶叫マシンは全体的に見てやはり
8月よりも9月の方が待ち時間が長いようです。

平均約10~40分くらい長くなります。

この4大絶叫マシンは
並んででも乗るべきだ
なんて感想も多いんですが、

並ばずに乗れたら
それに越したことはないですよね?


スポンサーリンク

混雑回避はできる?

と言う事で、様々な混雑回避策を
ご紹介したいと思います。

時間を調整する

まずはやっぱり
平日の開園1時間前に着いておく
ということ。

そして、なるほど!と思ったのが
25日直前が空いているということ。

給料日前なので外出は控えよう
と思う人が多いそうです。

更にもう一つ、
営業時間の短い日に行くということ。

これはなぜかというと、
営業時間が短い=来場者が少ないと判断された日
だからだそうです。

優先チケットで混雑回避

富士急ハイランドには
絶叫マシンを優先的に体験できる
絶叫優先券というものがあります。

1アトラクション1枚1000円、
時間指定ができ
専用口から入場できるそうですよ。

USJのエクスプレスパスに似ていますね!

まとめ

と言う事で今回は
富士急ハイランドの
9月の混雑についてみてきました。

混雑していると分かっていても、
その日にしか行けない場合は

事前にできることを調べて
少しでもお得に
少しでも並ぶ時間を短く

お目当てのアトラクションを体験して
楽しんでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください