富士急ハイランドドドンパ1

富士急ハイランドのドドンパは怖い?加速度・最高速度・落下がヤバイ!

富士急ハイランド内の
ほぼ真ん中にそびえ立つ

垂直タワーが、
恐怖心を掻き立てるドドンパ

園のほぼ全域を超高速で
走っていますよね!

存在感がすごくて気になるけど、
いつもすごい行列で
乗ったことがない…

という方も少なくないと思います。

そこで今回は、

ドドンパはどのような
アトラクションなのか、
どうしてそんなに怖いのかなど、

気になる情報を
お届けしたいと思います。

それでは、早速いってみましょう!


スポンサーリンク




ドドンパとは?の名前の由来は?

ドドンパは何といっても、
加速力が1番の売りです!

これまでのジェットコースターは
初めはゆっくりと
空高く登っていき、

猛スピードで落下してから
そのスピードを保ちながら
グルグルうねうねしていました。

しかし、ドドンパは、
出発からわずか1.8秒で
時速172キロもの
スピードを出します!

そして、そのままのスピードで、
高低差・52m、角度・90度という
垂直タワーを、

一気に駆け上がり、
一気に落下します!

そのスピードは、まさに!
「ドドン!」と飛び出し、
「パッ!」と絶叫の世界へと
導きます!

「ドドンパ」という名前は
そこから付けられたようです。

乗車時間は、
60秒との情報がありますが、

前後の演出時間を除き、
高速で走っている時間だけで
考えると、
30秒程だそうです。

30秒とだけ考えると
あっけない感じがしますが、
ドドンパの迫力なら、
充分なスリルを味わえます!


その他の絶叫アトラクション
感想はこちら!
関連記事

東京から車で1時間半と近く 人気のスポット富士急ハイランド。 絶叫系のマシンが多く 若い人ばかりかと思いきや ファミリー向けアトラクションもあり まさに一大テーマパークです。 しかし富士急に行ったからには 絶叫系に乗ら[…]

富士急ハイランドええじゃないかの混雑は?
関連記事

東京から車で1時間半と近く 人気のスポット富士急ハイランド。 絶叫系のマシンが多く 若い人ばかりかと思いきや ファミリー向けアトラクションもある まさに一大テーマパークです。 でも富士急に行ったからには やっぱり絶叫系[…]

富士急ハイランドの高飛車は怖い?
関連記事

富士急ハイランドと言えば、 絶叫コースター系のアトラクションで 有名ですよね。 中でも、高飛車、FUJIYAMA、 ええじゃないか、ドドンパ の4大絶叫マシンが人気ですが、 実は、 人気ランキングで3位になっている […]

最恐戦慄迷宮
関連記事

1996年7月17日に 富士急ハイランドに 誕生したFUJIYAMA! 20年ほど経った今でも、 富士急の4大アトラクションの 1つと言われるくらい 大人気なんです! 絶叫マシンが好きな人は 1度は乗ってみたい アトラクションですよね![…]

富士急のFUJIYAMAは怖い?

加速度がヤバイ!その仕組みは?

2015年時点では、
「世界4位」、「日本1位」という
スピードを誇る「ドドンパ」!

ドドンパがデビューした
2001年当時には、ギネス記録に
認定されたほどです!

わずか1.8秒で172キロ
加速を出すことから、
「発車」ではなく
発射と呼ぶんだそう。

その凄まじい発射は、
「エアーランチ方式」を
搭載することで実現されました。

「エアーランチ方式」とは、
高圧の圧縮空気で
一気に押し出す仕組みです。

一気に押し出し、
凄まじい威力を発揮する
戦闘機をヒントにしたようです。

自分が戦闘機の主軸に
なったようなもの。

その押し出された時の
感覚はまさに
宇宙での「G体験」そのものです!

恐ろしくもあり、
ワクワク感もある、スリル満点の
絶叫マシンですね!!


スポンサーリンク

混雑や待ち時間は?

富士急での4大絶叫マシンだけあり
やはり混雑します。

年間を通した平均的な
待ち時間としては、

平日は約105~120分
休日は約100~115分です。

休日は、混雑して当たり前と
思っている人が多く避けているのか、
休日の方が空いている
傾向にあるようです。

屋外アトラクション
ということもあり、
天候にも左右されるようなので、

出かける日の天候も考慮して
計画を立てた方が
良いようです!

しかし、
これだけのスピードがあるマシンに
雨の日に乗るというのは
少し勇気がいりそうですね。

まとめ

さて、ここまで
富士急ハイランドの
4大絶叫マシンである

「ドドンパ」についての
情報をお伝えしてきましたが
いかがでしたか?

他では味わえないスピードと
無重力を体感する「G体験」が
できるのは、

日本国内では
「ドドンパ」だけです!

何よりもまずスリルを求める!
という方は、

富士急に行くなら、
どんなに混雑していても、
これだけは押さえるべき

アトラクションでは
ないでしょうか?

富士急ハイランドドドンパ1
最新情報をチェックしよう!