日本でも野球に並ぶほど人気が高いサッカー。
海外で多くの日本人サッカー選手が活躍しています!
その中でもイケメンとしても人気が高い武藤嘉紀選手。
今回はその武藤嘉紀選手について、出身大学や結婚、
お子様などの情報を交えながらご紹介します!


スポンサーリンク




武藤嘉紀選手のプロフィール

武藤嘉紀
出典:https://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20160425/434852.html

武藤嘉紀(むとうよしのり)選手は
プロサッカー選手
現在はドイツのブンデスリーガFSVマインツ05
所属しています。

ポジションはミッドフィールダー、フォワード。
1992年7月15日生まれ、東京都出身。
身長は178cm、体重は72kgです。
血液型はA型、愛称はよっちとのこと。

3歳でスポーツアカデミーである
バディスポーツ幼児園に入園し、
その園のクラブでサッカーを始めたそう。

小学校4年生の時にはFC東京のスクールにも
通っていたそうですよ!

小さい頃はとってもヤンチャで、
活発な男の子だった武藤選手。

おじいちゃんやおばあちゃんが預かるのを
ためらうほどだったのだとか!

2014年大学に在学しながらプロに転向
同年にJリーグベストイレブンに選ばれています。

2015年ドイツブンデスリーガのマインツへ移籍

すぐに頭角をあらわし、アウスブルグ戦にて
ブンデスリーガで高原直泰選手以来である
日本人2人目のハットトリックを達成
マンオブザマッチに選ばれています

武藤選手の持ち味スピードとパワー

178cmと外国人選手に比べると小柄ですが、
決して当たり負けせず、ボールをキープできる
フィジカルの強さがあります。

持ち前の身体能力とボディバランス
体格差をうまくカバー

日本選手には珍しいパワフル型フォワードと
呼ばれています!

サッカーだけではなく頭もいい?大学はどこ?

武藤嘉紀
出典:http://nofootynolife.blog.fc2.com/blog-entry-2860.html

イケメンでサッカーも上手い武藤選手。
おまけに高学歴であることを知っていましたか?

実は武藤選手の出身高校・大学はあの
慶應義塾なんです。

しかも高校は一般入試にて入学
慶應義塾高校の偏差値はなんと75と言われています。
凄いですよね!

サッカーの技術だけではなく学力も高いのです!

その後慶應義塾大学経済学部に内部進学

3年生の時にプロに転向していますので、
学業とプロサッカー選手の両立
とても大変だったよう!

武藤嘉紀
出典:http://ohgispo2012.net/?p=1198

(上の写真は慶應義塾大学塾生時のもの)
3年生までに卒業に必要な単位をほぼ取得
しかしそれでもかなり辛かったようで、
睡眠時間を削りながらレポートを作成したり
していたようです。

努力の甲斐もあり、無事に卒業されています。

卒業式にも参加されていましたよ!

どちらか一方をやるのも本当に大変なことなのに、
両立させるなんて凄いですね!

並大抵の努力では出来ませんので、
なんだか尊敬します!


スポンサーリンク

結婚している?奥さんやこどもは?

武藤嘉紀
出典:http://blogola.jp/p/52378

さてサッカーも上手く、イケメンでおまけに高学歴。
高スペックの武藤選手
結婚などされているのか気になりますよね!
調べてみました!

武藤選手は2015年に結婚されていました!

すごく若くして結婚されているんですね!

お相手は同じ大学の同級生の方で、
キャビンアテンダントをされていたのだとか!

噂によると背が高くスレンダーで、
とっても美しい方なんだそう!

奥様のお父様はなんと衆議院議員
渡辺周氏 !
お父様は政治家というお嬢様なんですね!

同じ授業を受けたことことで出会ったよう。

武藤選手の一目惚れで、猛アタック
恋際に至ったんだそうですよ!

マインツに移籍することが決定した時に
プロポーズ。

奥様はキャビンアテンダントとして働いて
2ヶ月で退職することになったんだそう。

せっかく夢を叶えたのに勿体ない気もしますが、
2人が幸せならそれで良いですよね!

2016年の4月には女の子が誕生したそう!
パパになられたようです!

ドイツで本当に幸せに暮らしているようで
嬉しいですよね!

家族が増えたことで武藤選手の活躍に
ますます期待が出来そうです!

まとめ

パワーとスピードを兼ね揃えた日本人としては
珍しいタイプの選手である武藤選手。

華々しい経歴の裏には並々ならぬ努力が
あったことがわかりました。

今回はそんな武藤選手について
家族や学業といった違う面から魅力を
ご紹介しました。

これからも武藤選手が世界を相手に
輝き続ける姿を応援したいですね!