BLUE ENCOUNTのバンド名の意味や由来は?メンバーの出身地も調査!

とにかく「熱い!」と称されるロックバンド、
BLUE ENCOUNT 略してブルエン。

地道なライブ活動と
ミュージックステーションに出演
したことをきっかけに
大注目されているバンドです!

彼らのライブは
笑って、泣けると大評判!!

バンド名のエピソードは、
おちゃらけ大好きな彼ららしく
なかなか笑わせてくれますよ。

それってどんなエピソードなのでしょうか?

今回は、そんなBLUE ENCOUNTについて
バンド名の由来や
メンバーのプロフィールなどについて、
徹底的に調べてみました。

では早速いってみましょう!


スポンサーリンク




BLUE ENCOUNTのバンド名の意味や由来は?

BLUE ENCOUNTのバンド名は、
香港映画「ブルー・エンカウント」から
名付けられました。

発案者は、ボーカルの田辺さん。
バンド名に「色」が付いているバンドは
売れていることから、「ブルー」の付く
この名前にしたそうです。

でも、実はこの映画の正しい名前は
「ブルー・エンカウンター」
気が付いた時には、時すでに遅し。

ところがBLUE ENCOUNTは、
英語の造語で「ありえない出会い」
「奇想天外な遭遇」という意味があり、
ある専門用語では「ゼロにリセットする」
という意味を持つことが分かったのです!

結果的に
素敵な意味を持つバンド名となり
めでたし、めでたし。

ちなみに名前の由来となった映画は、
未だに見てないんだとか。

ブルカンの楽しい側面が垣間見える、
面白いエピソードですよね。

メンバーのプロフィールや出身地は?

2014年にメジャーデビューを果たした
BLUE ENCOUNT。

それではメンバー4人の
プロフィールをご紹介します。

田辺駿一 ボーカル・ギター担当

生年月日:1987年6月25日 
出身地:熊本県

黒縁メガネがトレードマークの田辺さん。
バンド全曲の作詞作曲を担当しています。
彼のライブでの熱いMCに、
涙を流すファンが続出

江口雄也 ギター担当

生年月日:1987年11月7日
出身地:鹿児島県生まれ、熊本県育ち

バンドのリーダー、江口さん。
中学・高校時代にはテニス部に所属し、
県大会3位の実績の持ち主。
バンドのブログ更新は彼の担当

辻村勇太 ベース担当

生年月日:1988年6月22日
出身地:神奈川県横浜市

他バンドでのサポート経験
があることから、
豊富な知識と技術を持っている辻村さん。
年齢はみんなより1つ下ですが、
その実力で頼られる存在です。

高村佳秀 ドラム担当

生年月日:1987年6月27日
出身地:熊本県

よっちゃんという
かわいい愛称の持ち主、高村さん。
お母さまがピアノの先生という環境で
育ち、ピアノはもちろん、
ジャズドラムもやっていたそう。

熊本では進学校に通っていたため、
めちゃくちゃ勉強していたそう。
田辺さんが作る英語の歌詞や
英語の発音の良さは、
その時に培われた努力の賜物なんですよ!


スポンサーリンク

メンバーの出身中学や高校は?

熊本の高等専門学校
2003年に結成されたBLUE ENCOUNT.
ベース辻村さん以外は
皆同じ学校の同級生。

気になる出身校は、
田辺さんは、
熊本市立井芹中学校卒業
熊本高等専門学校中退

江口さん・高村さんは、
熊本高等専門学校卒業です。

熊本時代にベースだった友人は脱退し、
3人で東京に上京。
入学した音楽専門学校で
現ベースの辻村さんが加入します。

辻村さんの出身校は
公表されていないようです。

しかし、E-girlsのAmiさんが
「BLUE ENCOUNTに同級生がいる」
との発言をラジオでしており、
また俳優でONE OK ROCKの元ドラマー
小栁友さんも同級生
だという情報もあります。

もしそうなら、
辻村さんの出身高校は
堀越高等学校の可能性が高いです。

芸能界で活躍している人達ばかりが
同級生って、凄いですよね!

まとめ

今秋に行われた
念願の武道館単独ライブで満員の
ファンを魅了したBLUE ENCOUT。

「クスッと笑えて熱いライブをする
のがBLUE ENCOUNT」
と公言している通り、
これからもみんなが楽しめるステージを
見せてくれるでしょう。

これからもBLUE ENCOUNTから
目が離せませんよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください