ONE OK ROCKのバンド名の意味や由来は?メンバーの出身地も調査!

皆さんはONE OK ROCK(ワン オクロック)というバンドをご存知ですか。
有名な歌手の息子さんが在籍するバンド
という認識の方が多いでしょう。

しかしワールドツアーを行うなど海外でも人気のバンドなのです。
今回はそんな彼らの学歴やプロフィールから彼らのことを
詳しくご紹介していきます。


スポンサーリンク




ONE OK ROCKのバンド名の意味や由来は?

バンド名の由来の前に「ONE OK ROCK」と書いて
ワン オクロック」と読みます。
由来は、結成当時に深夜パックで料金の安くなる
深夜1時(One O’clock)に練習スタジオに
入っていたので名付けた
そうです。
O’clockをOK ROCKにおきかえて
「ひとつの良いロック」にかけて名付けたそうですよ。

Ok ROCKに置き換えるなんておしゃれですよね。
「ひとつの良いロック」名前の通りにカッコいい
ロックバンドですよね。

メンバーのプロフィールや出身地は?

次にメンバーのプロフィールをご紹介します。
ビックリしますよ。
Taka(タカ)

  • ヴォーカル担当
  • 森内貴寛(もりうち たかひろ)
  • 1988年4月17日生まれ
  • 東京都出身
  • A型

歌手の森進一さん昌子さんの長男で
元ジャニーズ事務所所属でNEWSのメンバー
でした。
Toruに強引にメインヴォーカルとして勧誘されバンドに加入する
声と歌唱力に圧倒された」とToruに言わしめるほどだったそうです。

Toruが声に惚れ込んだ理由が分かるほどの
歌唱力の持ち主です。
アイドルでも売れていましたが、バンドに転向して
のびのびプレイしている姿を見ると逆に良かったように思います。

Toru(トオル)

  • バンドリーダーでリードギター担当
  • 山内亨(やまうち とおる)
  • 1988年12月7日生まれ
  • 大阪府出身
  • O型

元々ヴォーカルとサイドギター担当だったが、
メインギターが結成直後に脱退したため
メインギターに転向しました

この個性をまとめるのは大変でしょうが、
素晴らしい統率力でメンバー個性を引き出しつつ
プレイしている姿を見ると控えめなプレイスタイル
ですがカッコいいですよ

Ryota(リョウタ)

  • ベース担当
  • 小浜涼太(こはま りょうた)
  • 1989年9月4日生まれ
  • 大阪府出身
  • B型

中学まではダンスに夢中だったが、
Toruに誘われバンドに加入します。
突然ベースを渡されて始めたので
ベースの楽しさが分からなくなったときに
レッド・ホッド・チリ・ペッパーズのフリーの
演奏スタイルを見てベースを好きになっていった
そうです。

フリーの演奏スタイルに憧れるミュージシャンは多いですが、
ここまで存在感があり個性的な方はそうそういないですよね。

Tomoya(トモヤ)

  • ドラム担当
  • 神吉智也(かんき ともや)
  • 1987年6月27日生まれ
  • 兵庫県出身
  • A型

2007年に加入したメンバー
緻密さと同時にダイナミックなグルーブ感を合わせ持った
プレースタイルのため、評価が高くヴォーカルのTakaからも
うちのドラマーは天才」と言わしめるほどです。

ドラムをプレーするために生まれてきたかの様な
特有の音はファンが多いのもうなずけます。


スポンサーリンク

メンバーの出身中学や高校は?

メンバーの出身校をご紹介します。

Taka(タカ)

慶応義塾幼稚舎卒業
慶応義塾湘南藤沢中等部卒業
慶応義塾湘南藤沢高等部1年終了時に
中退して堀越学園入学し、卒業

ジャニーズを学業に専念するためにやめたのものの
音楽の道を見つけてまっすぐ進む姿は素敵ですよね。

Toru(トオル)

地元の小学校、中学3年に事務所の勧めで上京します。
上京後間もなく「HEADS」解散します。
堀越学園に通いながら、バンド活動を始めていきます。

バンドのリーダーらしくしっかりと前を見据えて
進む姿が素敵ですよね。

Ryota(リョウタ)

小学校、中学校2年までは地元の学校に通い
中学2年にアイドルグループ「HEADS」として上京
し、堀越学園に入学して高等部まで卒業しています。

ダンスが得意で、バク転やバク宙などの
アクロバティックができるそうです。

Takaに「ピュアで汚れがなく尊敬出来る所が沢山ある
と言われるほどの人物です。

綺麗な心の持ち主なので、純粋に尊敬したり出来るのでしょう。
急にベースを渡されても、自分なりに好きになれる方法を
見つけられる人物な所尊敬します。

Tomoya(トモヤ)

兵庫の小学校、中学校、高校を卒業後
東京のESPミュージカルアカデミーに入学
バンドマンで講師の先生から
「今頑張っているバンドがドラマーを捜している」

と勧められてサポート期間を経てデビューの1ヶ月前に加入しました。

中学の時は生徒会で初期をやるほど優秀だったそうですが、
進学校の高校に入学したものの、「音楽の専門学校にいく」
と決めてから勉強はしなくなったそうです。

1つのことに目標を定めて突進む姿が専門学校でも
目立っていたのでしょう。

まとめ

ハードな音の中にたまにちりばめられる日本語が
違和感なく響いてくるカッコいい!バンドの1つです。
全編英語がメインの歌詞ですが、歌がうまく心に訴えるような歌い方は
さすがと唸ってしまいます
よ。
ぜひ洋楽ファンの方、彼らの音楽に触れたことのない方や
こういう音楽を毛嫌いされている方に
ぜひ聴いて欲しいバンドです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください