イースポーツ

イースポーツとは?種目や大会の賞金は?日本のプロの求人も調査!

イースポーツって耳にしたことありますか?
ワタクシ自身最近になってその存在を知りました。
日本ではまだまだメジャーではありません

ところが、ビックリすることにアメリカ中国韓国では
かなりの人気スポーツ?で、賞金を相当稼ぐスタープレイヤー
もいるとのことです。

このあたらしくて未知のスポーツを紹介していきます。
近い将来、日本でもブレイクする可能性は高いと思います。

誰よりも先んじて情報をゲットしましょう
それでは、スタートです。


スポンサーリンク




イースポーツっていったい何ですか?

実はイースポーツとは、「エレクトロニック・スポーツ」の
省略語です。
エレクトロニックという単語が示しているように、電子デバイス
使って楽しむ勝負事、エンターテイメント、スポーツを包括的に
意味しています。

イースポーツ
出典:http://kabutie.co.jp/%E4%BA%BA%E6%B0%97%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%9E%E6%A0%AA/game/esports/
もっと簡単に言えばコンピュータやビデオ機能をもったゲーム機を
とおしておこなう対抗戦をスポーツとして定義するものです。

ゲーム機を使って行う競技をスポーツと呼んでよいのかという疑問は
当然出てきます。
ワタクシがイースポーツをはじめて知ったときの説明者に対しても
アナウンサーから質問が出ました。

説明者いわく、スポーツとはよく用いられる「運動競技」に加えて
娯楽・気晴らし」という意味もあり、思う以上に広義の言葉です。
したがって、チェスや囲碁などのみならず、F-1もモータースポーツと
呼ばれているように「スポーツ」ということになります。

種目や賞金そして開催される大会はこうだ!

イースポーツにはこんな種目がある

イースポーツはかなり幅広い範囲に分布することから、包含される種目
についてもさまざまなものがあります。
一例として一般社団法人 日本eスポーツ協会(JeSPA)ホームページに
記載されている分類を例示します。
   ・FPS部門(シューティングゲーム)
   ・MOBA部門(マルチオンライン)
   ・RTS部門(戦略ゲーム)
   ・格闘ゲーム部門
   ・スポーツ部門
   ・モバイル部門
   ・パズル部門
   ・オンラインカード部門
8種目にわけられていました。

細かすぎる分類は種目間の境目が不透明になる可能性が高まりますから
注意が必要です。

イースポーツの賞金レベルと開催される大会は?

賞金
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000021649.html
米国では、プロのゲーマーはスポーツ選手用ビザが発給されます。
つまり、スポーツ選手であるとはっきり位置づけているわけですネ。

中国や韓国においても、日本よりイースポーツが普及していて市場規模も
桁違いです。

「私はプロのゲーマーです」というと米中韓ではサインを求められることも
あるようです。

どの大会も優勝賞金は1億円超賞金総額は2億円以上です。
観客動員数も数万人で日本のプロ野球やサッカーなみですネ。

ここで高額賞金がゲットできる世界の大会をピックアップして
ご紹介しましょう。
ちょっと驚きですヨ!
*賞金総額等の数値は丸めています。
*2015年以降の開催大会から選択しました。

・Dota2 -The International 2016(開催地 シアトル)
 賞金総額:23億円 優勝賞金:10億円(中国チーム)
・Dota2 -The International 2015(開催地 シアトル)
 賞金総額:21億円 優勝賞金: 7億円(米国チーム)
・LoL -World Championship 2016(開催地 ロサンゼルス)
 賞金総額: 6億円 優勝賞金: 2億円(韓国チーム)

期せずしてそれぞれの大会優勝チームは三強の米中韓のチームでした。

日本で開催される大会はどうなのでしょうか?
・モンストグランプリ2017チャンピオンシップ(主催:株式会社ミクシィ)
 賞金総額:45百万円 優勝賞金:30百万円
 開催期間:5/21(関西予選)~7/8(幕張メッセ決勝)

世界の大会と比較すると小規模ですが、日本におけるイースポーツの現状を
考えれば、大いなるフロンティア・スピリットの発揮と感じます。


スポンサーリンク

日本のプロレベルが世界に追いつくには?

プロ
出典:https://www.hht.ac.jp/department/itmedia/esports/
最大の問題点は、イースポーツでスタンダードとされているゲームの
プレイヤーが少ないということです。

日本でもっともポピュラーなゲームは、例えばポケモンやスーパーマリオ
といったところではないでしょうか?

使用する電子機器がゲーム機やパソコンなどに分散しているのも、
プレイヤー増加にとってはマイナスに働いています。

これによって、
プレイヤーが少ない→宣伝効果が小さく儲からない→スポンサーがつかない
→イースポーツのプロの魅力が高まらない→プレイヤーは増えない

という負のスパイラルが発生しているのです。

メジャータイトルといわれるオーバーウォッチやリーグオブレジェンドは
日本でもアプローチできます。
しかしながら、今のところほとんど話題に登っていません

多分ここでも下のような負のスパイラルが影響を及ぼしているのでしょう。
ライバル不在→試合ができない→収入がない→他に仕事をせざるを得ない
→練習不足→スキル伸びない→米中韓等のプロに及ばない
→魅力上がらず新規プレイヤー不参入

いずれにせよ、国内で開催される大会にそれなりの高額賞金をつけること
が必要です。

ところが法律の規定や行政機関の対応など、様々な障害があるようです。
結果として負のスパイラルから抜け出すことが困難となっています。

高額賞金大会開催の制約条件について簡単に触れておきます。
・消費者庁景表法適用条件で優勝チーム賞金500万円が10万円に引下げ
・運が導く偶然性に金銭を賭ける賭博を禁ずる刑法185条抵触可能性
・宣伝効果が見込めず高額賞金を提供するスポンサー少ない 等々

このようにイースポーツを取り巻く環境は厳しいものがあります。
しかしながら、最近は徐々にですがプロを目指すプレイヤーにスポンサーがつきはじめている
といった改善の兆しが見えているようです。

このような状況をさらに伸ばしていくには、なんといっても「お客様第一主義
をベースにゲームのデザインやプレイスタイルを組み立てることが不可欠です。

プレイヤーやゲーム開発者のスキルアップにとってハイエンドなものも必要ですが、
たくさんの一般ピープルにみてもらい、企業スポンサーや主催者が広告を出して
ビジネスが成り立つことが先決でしょう。

最近の日本プロゲーマーや彼らを支えるスタッフを含めた雇用状況について
ご紹介します。
興味のある方は以下を参考にして最新情報をゲットしてください。
この業界はまさに日進月歩かつ自由闊達ですから常に変化していると
理解しましょう。
プロゲームチームのサポート 
・DetonatioN Gaming
 世界大会経験含め日本トップレベルに位置する『プロeスポーツ』チーム
・クルーズ株式会社
 プロゲーマー支援(ゲーミングハウス設立運営、移動費や備品等資金援助)

イベントスタッフ募集
・e-sports SQUARE AKIHABARA
 e-sportsの仕事につきたい方やイベントで人をエンジョイさせるのが好きな人
・株式会社マイルストーン
 ゲーム大会企画・制作・運営スタッフ

イースポーツのスキル・ノウハウをワイドに学べる専門スクー
・東京アニメ・声優専門学校
 プロゲーマーそのものだけでなく、実況・MC、指導者の役割、相手チーム分析、
 雑誌・Webの記事ライターさらにはイースポーツ関連企業への就職・起業などを
 学べます。

こうした形でイースポーツのためのインフラが充実しはじめています。
日本がイースポーツで世界をリードする時代の到来が待ち望まれます。

まとめ

イースポーツの発展には企業スポンサー、主催者、プレイヤー、観客といった
関係者が持続的にWIN―WINの関係になり、かつ法律や行政解釈などの問題ない
ことが必要です。

現実は「企業スポンサーと主催者」と「プレイヤーと観客」のメリットに大きな
ギャップがあり、法律的な側面などの制約条件も厳然としてあります。

これらの問題を一つずつ着実に解消していくことが、現時点における世界三強の
米中韓に追いつく王道でしょう

まさに「急がば回れ」の精神でガンバル必要があります。

イースポーツ
最新情報をチェックしよう!