くるりのバンド名の意味や由来は?メンバーの出身地や結成のきっかけは?

皆さんはくるりというバンドをご存知ですか?

深夜番組をごらんになる方だったら
「鉄道オタク」のヴォーカルの岸田繁さんの在籍しているバンド
というイメージが浮かぶでしょう。

イベント好きな方や音楽好きな方には、
京都音楽博覧会」というイベントを
毎年夏に行っていることでい有名ですよね。

映画好きの方なら「ジョゼと虎と魚達」や
まほろ駅前多田便利軒」という映画のサントラを手がけているので、
一度は彼らの音楽を耳にしている方が多い方が多いと思います。

コアなファンが多いバンドですが、
バンドの由来やプロフィールなどは知っている方は
少ないのではないでしょうか。

ここでは、バンド名の由来やプロフィールから
くるりをご紹介したいと思います。


スポンサーリンク




くるりのバンド名の意味や由来は?

「くるり」というバンド名はご存知でも、
由来まではご存知の方は少ないでしょう。

実はバンド名は友人がつけたものです。
京都の地下鉄で乗り換え案内の矢印が
くるり」逆を向いていたからだそうです。

「振り返るのはいいことだ」
という考えからこのバンド名を採用したんだそうですが

やっぱりアーティストは発想が違いますね。

他にも噂では、岸田さんが
「JR久留里線からつけた」とも言われていますが
私は乗り換え案内のエピソードの方が
いかにも「くるり」らしいなって感じがして大好きです♪

「振り返るのがいいこと」なんて
なかなか岸田さんらしい深い考え方ですよね。

振り返ることを批判されることが多い中、
自分の敷いたレールを見直して走るなんて
なかなか普通じゃ考えつかないと思います。

メンバーのプロフィールや出身地は?

くるり」は
メンバーチェンジの多いバンドです。

音楽性の違いからメンバーの
加入、脱退が繰り返されているんですが、

逆にそれほど音楽に対して
色々なチャレンジをしてきている
バンドだともいえるんじゃないでしょうか。

現メンバー構成は3人組。
それぞれ順番に紹介していきますね。

岸田繁(きしだ しげる)

オリジナルメンバーで

  • ヴォーカル、ギター担当
  • 1976年4月27日生まれ
  • 京都府京都市北区出身

「タモリ倶楽部」という番組の「タモリ電車クラブ」のゴールド会員です。

電車オタクでもモーター音の大ファンなんだそう。
ヴォーカルということもあり中心的なメンバーですね。

特有の言動で批判されることも多いですが、
自分の道を突進んできたからこそ出来る発言が多いので、
私は尊敬しています。

佐藤征史(さとう まさし)

オリジナルメンバーで

  • ベース、コーラス、ヴォーカル担当
  • 1977年2月1日生まれ
  • 京都府亀岡市出身

くるりが大好きで、
もし解散したら他のバンドで活動することはないと公言しています。

くるりが主催しているレーベル
NOISE McCARTNEY RECORDS」の社長を務めていて、
毎日送られてくるデモを聴いているそうです。

くるりの中でも岸田さんのサポート役が多いようです。

自分の所属を批判される方も多いですが、
自分が所属するバンドを愛せるなんて素敵なことです。

社長業もしながらのミュージシャン活動が出来るなんて
素晴らしいことですよね

ファンファン

2011年加入で

  • トランペット、コーラス、ヴォーカル、キーボード担当
  • 1985年2月13日生まれ
  • 京都府舞鶴市出身

2011年にメンバーだった吉田省念さんが連れてきたメンバーです。

「天才的な勘とセンスの持ち主だが、
年齢的にも経験的にもまだまだ発展途上だ」と
岸田さんに言わせるくらいの実力の持ち主なんだそう。

2015年に一般男性と入籍し、10月には出産していて、
しばらくライブなどをセーブしていましたが、
2016年には完全復帰しています。

ニュースで「ファンファン出産」とながれた時は
「パンダが出産した」と勘違いする方が多かったそうです。

名前から中国人と判断されそうですが、
日本生まれ日本育ちです。

多分愛称からつけたのでしょう、
可愛らしい彼女にピッタリの名前ですよね。

以上が現メンバーのプロフィールです。

バンド結成は大学の音楽サークル
「ロックコミューン」で出会ったメンバーが
くるりの全身バンドを結成し、
1996年9月にアマチュアバンドコンテストに出演するために
バンド名をくるりに変更して、
見事優勝して活動を本格化します。

現在は京都に活動拠点を移したため、
京都で活動出来るメンバーを加入させたということで
一時期話題にもなりました。

自分たちの出身地で自分たちの音楽を広げていくスタイルは、
なかなかないので素敵ですよね。


スポンサーリンク

メンバーの出身中学や高校は?

なかなか知ることのない
バンドメンバーの出身中学、高校を調べてみました。

岸田繁の出身中学・高校

ヴォーカルの岸田繁さんは
立命館中学校
立命館高等学校を経て
立命館大学(産業社会学部)に進学して卒業しています。

立命館中学を受験した理由は
塾でいじめにあったからと言われています。

中学からギターにのめり込んだ理由は
いじめからきているかもしれませんね。

佐藤征史の出身中学・高校

ベースの佐藤征史さんは小学、中学は
地元の公立校に通い高校で立命館高等学校
に入学して、岸田繁さんと出会います。
立命館大学(法学部)に進学して卒業しています。

小、中学時代にサッカー部に所属してるほど、
体育会系の少年時代だったそうです。

高校でバンドを組んだときに初めてベースをもったそうです。

バンドを始めるときに「お前ベースね」と言われて
ベースをもつ方が多いようです。
佐藤さんもそうだったのでしょう。

佐藤さんの演奏する姿を見ると楽しくて仕方がないように見えます。
相性が良かったのでしょうね。

ファンファンの出身中学・高校

トランペットのファンファンさんは
地元の小学校、中学校、高校を卒業後
同志社女子大学に進学して卒業しています。

ロックでトランペットをプレイされる方も珍しいですよね。
彼女の演奏する姿を見るといつも楽しげで爽やかですよ。

まとめ

以上くるりについてご紹介しましたが、
いかがだったでしょうか。

もう結成して長いロックバンドですが、
音楽は聴き易く耳馴染みのいい曲が多いのが特徴です。

心が休まるような曲が多く、
一度聞いてみると好きになる曲が多いですよ。

もし聴いたことのない方は

  • 東京
  • 赤い電車
  • ワールズエンド・スーパーノヴァ

この辺りの曲から聴いてみるのがおススメです。

一度聴いてみると彼らの音楽に引き込まれること間違いなしです。
ぜひこの機会にくるりに関して知っていただき、
彼らの音楽というメッセージを受け取ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください