[ALEXANDROS]のバンド名の意味や由来は?メンバーの出身地も調査!

現在、フェスでは欠かすことのできない存在となり
日本のロック界を代表するバンドともいえる[Alexandros]

Alexandros_2016_A_FIN

フェスに参加されたことのない方でも
CMなどで一度は楽曲を聴いたことが
あるのではないでしょうか?

2015年3月にリリースされた
「ワタリドリ」などをきっかけに、
一躍名を広めることとなりました!

その現在注目必至のバンド[Alexandros]が
このようなバンド名となった意味・由来は?

また、出身地や出身の学校などについても調査!

では、さっそく見ていきましょう!


スポンサーリンク




[ALEXANDROS]のバンド名の意味や由来は?

[Alexandros]のはじまりは2001年
ボーカルの川上洋平さんが大学でバンドを結成。

元々このバンドは、
[champagne]という名前で活動していました。

champagne1

[champagne]には、

「お客さんやスタッフさんなど、そこにいる人たちに
音のアルコール分が伝わって、音に酔ってもらいたい」

という思いが込められているそうです!

このバンドは
「世界一である私たちの実力を証明する」
という旨の目標も掲げているようで、
意識の高さが垣間見えます!

それが2014年、

「champagne」という名称がフランスワインの原産地名称として
日本国内でも保護されている

ということで、
バンド名の変更に求められ協議した結果、
現在の[Alexandros]という名になりました。

alexandros2

「Alexandros」はギリシャ人の人名のことであり、
有名な人物としては、アレクサンドロス大王などです。

この名は改名の際に川上さんが
ギリギリで思いつき、採用したとのこと。

川上さんは自身のブログで、
特に意味はないとおっしゃっています。

しかし、前述の通り高い目標をもっているため、
大王と同じ名前をとったところが
目標とリンクしているのでは、と個人的には思いました!

メンバーのプロフィールや出身地は?

次にメンバーについて詳しく見ていきましょう!

現在、[Alexandros]は

ボーカル:川上洋平
(神奈川県川崎市、1982年6月22日生・A型)

ギター:白井眞輝
(神奈川県相模原市、1982年12月12日生・O型)

ベース:磯部寛之
(愛知県日進市、1982年12月29日生・O型)

ドラム:庄村聡泰
(福岡県大牟田市、1984年3月21日生・A型)

の4人で活動しています。

4人とも出身地は違うようですね。
出身地の違う4人が集まり、これだけのバンドに発展したことは
なにか因果を感じます!

ボーカルの川上さんは
9歳から約6年間をシリアで過ごし、
現地のスクールに通っていたようです。
英語が得意なのも納得ですね。


スポンサーリンク

メンバーの出身中学や高校は?

ここではメンバーの出身高校などを見ていきます。

残念ながら中学の情報は出てきませんでしたが、
上記のように、川上さんは14歳で日本に戻り、
その後は日本に居住していたようです!

メンバーのうち、
川上さん、白井さん、庄村さんは
神奈川県立弥栄東高校出身
という情報を入手しました!

この弥栄東高校は2008年に統合し、
神奈川県立弥栄高校となったそうです。

yaei

弥栄高校は専門性に富み、
芸術科やスポーツ科学科などがあるようで、
音楽の専攻もあります。

進路指導にも力を入れていて、
生徒たちの夢を応援する良い高校のようです!

また、磯部さんは国際基督教大学高校の出身だそうです。

磯部さんと川上さんはその後、
青山学院大学に入学し、バンド結成に至りました。

まとめ

ということで、
今回は人気上昇中のバンド[Alexandros] について見てきました。

ちなみに、
[champagne]時代にこの名前には、
「お客さんたちに音に酔ってほしい」
という思いがあるとお伝えしましたが、

当の川上さんはお酒が全く飲めないとのことです。

素晴らしい楽曲を多く送り出している[Alexandros]

一度お聴きになってはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください