ボルダリングに必要な道具

ボルダリング初心者におすすめの服装は?シューズやウェア選びのコツを調査

皆さまは「ボルダリング」を
ご存じですか?

ロッククライミングを
人工的に再現したようなもので、

急な斜面に、様々な大きさ、形の
石が付いていて、

身体と頭を使って
石を選びながら頂上を目指す

というもの!

最近これがひそかに
流行っているんです!

テレビでも企画で使われたり、
芸能人がハマっていると
紹介したりと

見聞きしたことがある方も
少なくないと思います。

今回は、
初めて聞いて興味を持った方や
これから挑戦しようと思っている
初心者の方のために、

ウェアやシューズ選びのコツ、
最低限揃えておきたいグッズ
などを
ご紹介します!

これだけ揃えれば充分楽しめるはず!

それでは早速いってみましょう!


スポンサーリンク




ウェア選びのコツは?

ウェア選びの1番のポイントは
生地が柔らかく、
腕や足が上げやすいこと
です!

柔らかくて、身体を動かすときに
着るものといえば、
スエットやジャージ
イメージする方が多いと思いますが、

これらは、ボルダリングのときには
少し重く感じます。

そして、
腕や足を上げやすいというと、
半袖、半ズボンですよね。

それは間違いではないのですが、

初心者の方は
石にぶつけたりして、
擦り傷を負うことが多々あるので、
長袖長ズボンをオススメします。

生地として、ボルダリングに
1番向いているのは
ポリエステルやコットン
できたウェアです!

軽くて、柔らかく、
汗の吸収にも優れているので、
何のわずらわしさもなく、

存分にボルダリングを
楽しめると思います!

ちなみに、サイズは
少しピッタリしているくらいの
物の方が動きやすいですよ!

シューズ選びのコツは?

ボルダリングは
腕と足の力を使うスポーツです。

足の力を存分に発揮するには、
シューズ選びが
重要になってきます!

ボルダリングに向いている
シューズには、

  • ベルクロタイプ
  • シューレースタイプ
  • スリップオンタイプ

と3つのタイプのものが
あるんです!

ボルダリングで重要なのは、
シューズがしっかり
フィットしているかということ。

今回は、3つのタイプの
締め付け感をご紹介していくので、
自分に合いそうなタイプを
見つけてみてくださいね!

ベルクロタイプ

ベルクロというのは、
マジックテープのことで、

自分の力や癖に合わせて
締め付け具合を調節できるので、

まだ固定の締め付けが決まらず、
色々と試したいという
初心者の方にはオススメです!

シューレースタイプ

シューレースというのは、
靴紐のことで、

ベルクロ以上の締め付けがあり
一度決めた締め付けを
保ち続けることができます。

締め付け具合が決まった方に
オススメです!

ただ、シューレースは
着脱が少し面倒なので、
小まめに休憩を取り、

その都度脱ぎたいという方には
少し大変かもしれません。

スリップオンタイプ

これは、スリッパのように
着脱しやすい製品で、

ベルクロやシューレースなどの
付属がない、
シンプルなシューズです。

締め付け具合は、
あらかじめキツめにできており、
どんな方にもフィットしやすいです。

余計な付属がない分、
コスパも高いので、
初心者には持って来いの
シューズだと思います!

スリッパから初めて、
ベルクロシューレースという
段階を踏んでいくのが

自分に合ったシューズを
見つける近道ではないでしょうか。

ちなみに、シューズの場合も、
サイズは小さい方が
フィットしやすく
動きやすいですよ!


スポンサーリンク

他に揃えておいた方が良いもの

まず、絶対に必要なのが
靴下です!

ウェアやシューズは
レンタルしている所が
多くありますが、

靴下だけは、衛生上
レンタルしていません。

先ほども言いましたが、
小さいサイズのシューズを
履くことになると思うので、
薄手の靴下を用意しくださいね!

そして、ボルダリングでは、
大小様々な石を掴むので、

チョーク(滑り止め)
必要になります。

特に初心者は、
チョークがないと、
なかなか上に進めないと思います。

チョークは途中で
付け足す必要があるので、

チョークバッグを用意して
身につけておき、
いつでも使えるように
しておきましょう!

この3つがあれば、安心して
ボルダリングを堪能できるしょう!

まとめ

さて、ここまで
ボルダリング初心者の方が

存分に楽しめるための
グッズの選び方などを
ご紹介してきましたが
いかがでしたか?

実は、ウェアやシューズなどは
レンタルしている所が
多いんです。

初めはレンタルで色々な物を試して、
気に入ったものを購入する
というのが、失敗もないので
無駄なく楽しめると思います!

ボルダリングに必要な道具
最新情報をチェックしよう!