誰でも使えるマーケティング知識!ペルソナを日常業務に活かしてスキルアップする方法

価値を作って、それを必要としている人に届ける。

こうしたマーケティングの思考はマーケターだけでなく、様々な業務に携わるビジネスパーソンにも非常に有効です。

ビジネスパーソン仕事において成功するためには、マーケティングの知識を身につける事が最短だと言ってもいいかもしれません。

そこで今回はマーケティングスキルの一つ「ペルソナ」に焦点を当てて、日常業務での活用方法を見ていきたいと思います。

ペルソナとは何か?

まず初めに、ペルソナという言葉を耳にしたことはありますか?

某ゲームや同タイトルのアニメで知ってるよ、という方もいるかもしれませんが、
この言葉はマーケティングの世界ではよく使われています。

そして、その考え方はビジネスパーソンの皆様にとっても非常に役立ちます。

では、具体的にペルソナとは何なのかその定義と基本的な作り方を分かりやすくご紹介します。

ペルソナの定義

「ペルソナ」はラテン語で「仮面」を意味します。

ビジネスの世界では、ペルソナはある特定のグループの代表的な人物像を意味します。

この人物像は、年齢、性別、趣味、価値観、ライフスタイルなど、さまざまな要素で構成されています。

例えば、20代の女性で、健康志向が強く、スポーツが好きという人物像を作ることができます。

これによって、商品やサービスを提供する際にどのような人々が関心を持つかを把握しやすくなります。

ペルソナの作り方

ペルソナを作るには、まずターゲットとなる人々のデータを収集します。

これには、年齢、性別、職業、趣味、家族構成などが含まれます。

例として、自社の商品を買ってくれそうな人を思い浮かべてみてください。

その人は何歳くらいでしょうか?どんな職業を持っているのでしょうか?

これらの情報をもとに、ペルソナを具体的に描き出します。

イラストやストーリーを用いて、ペルソナに人間らしさを持たせるのも良い方法です。

ペルソナの活用

ペルソナができたら、次はそれを活用します。商品開発の際、ペルソナが好む要素を取り入れることができます。

また、広告やコンテンツ制作でもペルソナに訴えるメッセージを考えることができます。

さらには、カスタマーサポートにおいても、ペルソナをもとに顧客の悩みや要望を理解しやすくなります。

これらを意識して取り組むことで、ターゲットに合った効果的な戦略を展開することができるでしょう。

仕事におけるコミュニケーションとペルソナ

さて、ペルソナが何であるかを理解したところで、これを日常業務の中でどのように活かせるか考えてみましょう。

特に、コミュニケーションにおいてペルソナの考え方は大変有効です。

同僚や上司、取引先との円滑なコミュニケーションが仕事の成果を大きく左右することはよく知られていますが、
それをペルソナを通じてどう向上させるか、具体的な方法をご紹介します。

相手のペルソナを理解する

まずは、コミュニケーションをとる相手のペルソナを理解することが大切です。

例えば、プレゼンテーションをする際、聴衆がどのような背景を持つのか何に興味を持っているのかを把握すると、話の内容や進め方を調整できます。

また、取引先との交渉では相手の企業文化や価値観を考慮し、効果的なアプローチができます。

自分のペルソナを意識する

次に、自分自身のペルソナを意識することも重要です。

自分がどのように知覚されるかを理解することで、相手にどのように接するべきかが見えてきます。

例えば自分が元気でフレンドリーな性格であると知られている場合、その特性を活かして明るく積極的なコミュニケーションを心がけることができます。

ペルソナに基づいたフィードバック

ペルソナの考え方を活かしてフィードバックの方法も工夫できます。

例えば、部下に対するフィードバックは、その人がどのような性格や価値観を持っているかを考慮し、言葉遣いやトーンを調整すると良いでしょう。

また、クライアントからのフィードバックを受け取る際にも、その背景を理解し建設的な対応を心がけましょう。

これらの手法を取り入れることで職場のコミュニケーションがより円滑になり、仕事の成果も向上することが期待されます。

ペルソナ活用の具体例

今までペルソナの基本的な考え方や、それを仕事の中でどのように活かすかについてお話しました。

では、実際にペルソナを活用した具体例をご紹介しましょう。

これを参考に自分の業務にどう取り入れるか考えてみると、新しい発見があるかもしれません。

カスタマーサポートの向上

カスタマーサポートではお客様の問い合わせに応じることが主な仕事ですが、ペルソナを設定することでより質の高いサポートが可能になります。

例えば、主なお客様が高齢者である場合、そのペルソナを「70代、スマートフォンに不慣れ」と設定し丁寧でわかりやすい対応を心がけることが大切です。

内部報告書の作成

内部報告書を作成する際にも、ペルソナは有効です。

報告書の読者となる上司や同僚のペルソナを考え、それに合わせて情報の提供方法を工夫しましょう。

例えば、上司が数字に強い関心を持っている場合、データをビジュアル化しグラフや表を多用することで、効果的な報告書を作成できます。

チームビルディング活動

チームビルディングでは、メンバーの協力とコミュニケーションを促進する活動が行われます。

これにペルソナを取り入れることで、メンバー一人一人に合ったアプローチが可能です。

例えば、若手社員が多いチームであれば「新しい技術に興味がある」「チャレンジ精神が旺盛」というペルソナを設定し、革新的なアイデアを出し合うワークショップなどを開催するのが良いでしょう。

これらの具体例を通じて、ペルソナの活用が多岐にわたることがお分かりいただけたかと思います。

自分の業務に合った方法でペルソナを活かし、仕事の質を高めてみてください。

ペルソナ活用の注意点

ペルソナを上手く活用することで、ビジネスにおいて多くのメリットが生まれます。

しかしながら、正しく活用しないと、逆に問題が生じることもあります。

ここでは、ペルソナを活用する際に気をつけるべきポイントについて一緒に考えていきましょう。

過度なステレオタイプ化を避ける

ペルソナを作る際、簡単に理解しやすくするために特定の特徴を強調しすぎることがあります。

しかし、これが過度になるとステレオタイプ化してしまい、現実のターゲット層の多様性を見落としてしまう可能性があります。

例えば「若者は全員SNSが得意」というような一方的な見解は避け多様な属性を考慮しましょう。

ペルソナの更新を怠らない

ペルソナは時間とともに変化するものです。

市場の動向や消費者のニーズが変わるにつれて、ペルソナも見直さなければなりません。

年に一度くらいはペルソナを見直し、必要に応じて更新することをお勧めします。

実際のデータと照らし合わせる

ペルソナを活用する際、想像や仮説だけで進めてしまうとズレが生じることがあります。

実際のデータを収集しペルソナと照らし合わせて確認することが大切です。

当初のターゲットが想定と異なっているとわかったら、ペルソナを修正する必要があるかもしれません。

注意点を把握しながらペルソナを活用することでより現実に即した戦略が組めるようになります。

これにより、ビジネスの成果をより高めることができるでしょう。

ペルソナを活かしてキャリアアップ

これまでペルソナの基本とその活用方法、注意点について解説してきました。

さて、このペルソナを使って自分自身のキャリアアップにどう活かせるかを考えてみましょう。

ペルソナを使うことで、自分自身の強みや改善点を明確にし、キャリアの道筋を描く手助けをしてくれます。

自分自身のペルソナを作成

まずは、自分自身を客観的に見るために自分のペルソナを作成してみましょう。

どんなスキルを持っているのか、どんな価値観を大切にしているのかを整理します。

これを通して、自分がどのようなポジションに適しているのか、またどんな分野で活躍できるのかが見えてくるかもしれません。

目標とするポジションのペルソナを作成

次に、将来目指すポジションのペルソナを作成しましょう。

そのポジションで必要なスキルや資質は何か、どのような働き方がされているのかをリサーチし、ペルソナを作成します。

これにより、現在の自分と目標とするポジションとのギャップが明確になります。

アクションプランの策定

最後に、自分自身のペルソナと目標とするポジションのペルソナを比較し、その差を埋めるためのアクションプランを立てましょう。

具体的なスキルの習得や経験を積むための実務、人脈作りなど、段階的に計画を立てることが大切です。

ペルソナを活かすことで自分自身のキャリアをより明確にし、効果的なアクションを起こすための道筋が見えてくるでしょう。

これがあなた自身の成長につながり、さらなるキャリアの拡がりを生むこととなります。

まとめ

ペルソナはマーケティングだけでなく、日常業務でも非常に役立つ考え方です。

これを活用することで、コミュニケーション、プロダクト開発、戦略策定、そしてキャリアアップにつながるでしょう。

ぜひ、いつもの業務でペルソナを意識して取り組んでみてください。