Googleで名前や会社名をエゴサーチするやり方を解説!

アイ

エゴサ―チはやるなってよく言われるんですけど、そんなに悪いことなんですか?

エイタ

エゴサーチは使い方によっては必ずしも良くないってわけではないですよ。
効果的な使い方を説明していきましょうか。

アイ

はい!お願いします!

この記事ではエゴサーチ(バニティサーチ、レピュテーションマネジメントサーチともいわれる)を効果的に行う方法とご紹介します!

エゴサーチを活用すれば、あなた自身やあなたのビジネスに関する重要な情報を検索する方法を身につけることができるようになるはずです。

それでは、Googleでエゴサーチをする方法を順を追って見ていきましょう!

Googleでエゴサーチをする方法

エゴサーチのやり方は簡単!

Googleにアクセスして、自分の名前か会社名を入力するだけです。

また、検索結果に関連するキーワードをいくつか追加して、検索結果を絞り込むことができます。

例えば、自分自身のエゴサーチをするのであれば、「著者」「起業家」「ブロガー」など、自分の仕事に関連した言葉を追加するとよいでしょう。

そうすることで、あなたやあなたのビジネスに関連する、より的を射た結果が得られるはずです。

最初の検索が完了したら、「site:」や「allintitle」などのGoogleの検索演算子といわれるテキストを追加して、検索結果を絞り込むことができます。

たとえば、「site:」検索演算子を使用すると、特定のドメインまたはドメイン拡張子であなたやあなたのビジネスに関連するコンテンツを検索することができます。

また、「allintitle」検索演算子を使用すると、特定の用語が含まれるウェブサイトのタイトルを検索することができます。

エゴサーチはなぜ重要?

エゴサーチが重要である理由は3つあります。

1つ目の理由は、一般の人があなたやあなたのビジネスについてどう考えているかを知ることです。

エゴサーチをすることで、あなたについて何が言われているかを知ることができ、否定的なコメントに反応したり、あなたのことを肯定的に評価している人たちと関係を構築する機会を与えることができます。

また、ブランドの評判に関する問題や、あなたやあなたのビジネスを取り巻く誤解を監視するのにも役立ちます。

2つ目の理由は、ターゲットオーディエンスのニーズに合わせたコンテンツを作成するのに役立つからです。

人々があなたやあなたのビジネスに関連して何を話しているのかを知ることで、あなたのフォロワーが興味を持つようなコンテンツのアイデアを得ることができるのです。

3つ目の理由は、詐欺やフィッシングにつながる可能性のあるあなたの名前を悪用したオンラインコメントや投稿に目を光らせておくことができるということ。

匿名性のあるインターネットの世界だからこそ、簡単にあなたの名前が使われ悪用されることが無いようエゴサーチを活用しましょう。

エゴサーチのデメリット

エゴサーチは攻守ともに置いて有効な作業ですが、3つのデメリットがあります。

1つ目は、多くの時間と労力がかかることです。

Googleの検索演算子は、検索結果を絞り込んで、より関連性の高い情報を見つけるのに役立ちますが、それでも探しているものを見つけるために、検索結果をふるいにかける時間が必要になるからです。

2つ目は、エゴサーチは誤った安心感を与えてしまうこともあります。

しばしば、自分の名前や会社を検索したときに出てくる結果に気づかないことがあります。

その結果、自分について何も語られていないと思い込んでしまいますが実際には語られている場合があります。

その結果、自分では気づかなかったネガティブな情報を見落としてしまったまま、改善点に気づかないということがあります。

3つ目に、エゴサーチは、あなたやあなたのビジネスに関係のない結果をもたらす可能性があることも覚えておきましょう。

同姓同名の別人や別会社がたくさんある場合、あなたが必要としている情報を探し出すのが非常に困難になります。

まとめ

今回はエゴサーチについて、精神的にネガティブになるというもっともよく知られている影響をあえて省き、機能的な面から情報をまとめてみました。

エゴサーチは、あなたの名前やビジネスに関するオンライン会話を追跡するための重要なツールです。

人々があなたについて何を言っているのか、どのように対応すべきかを知り、あなたのブランドの評判を監視し、より適したコンテンツを作成し、詐欺の可能性のある投稿やコメントに目を光らせておくのに役立ちます。。

しかし、時間と労力がかかることや、誤ったセキュリティのリスクなど、欠点も認識しておくことが重要です。

最終的には、エゴサーチを成功させる方法を理解することが、オンラインでの評判を保護し、管理するための貴重なスキルとなるのです。